標準化に携わると出世レースから外れる?--標準化プロセスの現場

海上忍 2010年08月02日 11時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本特集「標準化プロセスの現場から」では、ITジャーナリストの海上忍氏が、数々の標準化プロセスに携わった国際大学フェローの村田真氏に、標準化の実情に関する話を聞く。本稿は第1回「出席者が居眠りしていても標準化される規格」、第2回「標準化の国際的な現場とは」に続くインタビュー。(編集部)

“標準化”の現場で日本のプレゼンスは低下傾向に

海上:村田さんが活動されているXML関連の分野において、今後日本の置かれる立場はどうなると見通されますか?

村田:ひとつ確実に言えることは、国際間での標準化作業における日本のプレゼンスは低下傾向にあるということです。しかし、その一方で韓国や台湾、中国といったアジアの国々が存在感を増しつつある。私の目が黒いうちは、私が得意とするXML方面はまだ大丈夫だと信じたいのですが……あと10年もすれば、はっきりとした形で“抜かれる”と思いますね。

海上:そうなりつつある原因や要因について、どうお考えですか?

村田:まず、担当者の高齢化が進行していることが1点。こういった標準化の現場で、30代のエースはいませんからね。

海上:標準化プロセスに関与するための条件というものはありますか? その分野での知識はもちろん、英語とか交渉力とか……

村田:いやいや、そんなことはありませんよ。もちろん、そういった能力があるに越したことはないでしょうが、むしろ後から付いてくるものだと考えています。人材育成の必要性と捉えてしまうと、現在の日本企業では無理でしょう。

海上:村田さんはどのようなバックグラウンドを持ってXMLの標準化を進めていたのでしょうか?

村田:当時、私は富士ゼロックスに勤務していまして、会社からのサポートがありました。その頃は企業としてXMLに取り組んでいるというと、宣伝になりましたからね。XMLの勃興期で、多くの人たちが富士ゼロックスのウェブサイトにアクセスするという背景がありましたので、比較的取り組みやすかったということはあります。だからこそ、標準化のエキスパートとして企業をドロップアウトできたのかもしれません。企業で普通に過ごしていては、難しいと思います。

具体的にどうやって“標準化”の作業を進めるのか

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
開発

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]