編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「文章を書くAI」
松岡功の「今週の明言」

今週の明言--オラクルがセキュリティ分野へ一大攻勢 - (page 2)

松岡功

2012-08-03 11:18

 協業パートナーのプライスウォーターハウスクーパーズが賛同コメントで「「Oracle Identity Management は従来のID管理のあり方を根本的に変える」と語っていたポイントは、まさにここにある。

「システムエンジニアにこれから求められるのは、変化をチャンスととらえて、成長分野へチャレンジすることである」
(米EMC Chad Sakac シニアバイスプレジデント)

 EMCジャパンが7月26日、米EMCグローバルプリセールス担当シニアバイスプレジデントであるSakac氏の来日を機にプレスラウンドテーブルを開いた。冒頭の発言はその中で、システムエンジニア(SE)に今後求められることについて語ったものである。

 Sakac氏が来日したのは、EMCジャパンが同日から3日間、社内および協業パートナーのSEを対象にしたプライベートイベントで基調講演を行うためだ。同氏は「仮想化の第一人者」とも呼ばれており、社内および協業パートナー、さらには顧客のSEたちと共同作業を行うなど太いパイプを持っているという。

米EMC Chad Sakac シニアバイスプレジデント
米EMC Chad Sakac シニアバイスプレジデント

 プレスラウンドテーブルでは、Sakac氏よりEMCのグローバルプリセールス活動やビジネス展開についての説明があったが、ここでは冒頭の発言を含めて、質疑応答で筆者が問うたSEの今後の行方についての同氏の回答を紹介しておきたい。筆者の質問は「今後クラウド化が進み、従来のシステム構築におけるシステムインテグレーション(SI)の仕事が減少する中で、SEは何を考え、どう動けばいいか」というものだ。

 「SEの仕事がなくなるわけではなく、これまで培ってきた技術スキルは今後も価値がある。ただ、今後の成長分野が従来のSIから、クラウドを舞台としたオーケストレーションやアプリケーション、ビッグデータの分析といった領域へ変化していくことは確かなので、SEもそうした変化に対応していく必要がある」

 こう語ったSakac氏が、全てのSEに向けたメッセージとして最後に強調したのが、冒頭の発言である。

 ちなみにEMCの社内では、自らの社名の頭文字を引用して「Everything Must Change」とのスローガンが掲げられているとか。EMCの社風を垣間見る言葉である。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]