編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

最近よく聞くマイクロソフトの「Surface」って? - (page 3)

Steve Ranger (TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2012-10-05 07:30

--Microsoftのパートナー企業は、Surfaceについてどう考えているのかな?

 当然とも言えるだろうけど、Microsoftのハードウェアパートナー企業は、自分たちが今後発売するWindows 8タブレットの優位性を揺るがしかねないSurfaceを歓迎する気にはなれないだろう。

 Acerの会長であるJ.T. Wang氏はFinancial Timesとのインタビューを通じて、Surfaceハードウェアの発売を再考するようMicrosoftに対して訴えたりしていたしね。彼は「もう一度よく考えてみてもらいたい。これによってエコシステムに対して多大な悪影響が及ぶうえ、他のメーカーも否定的な態度に出る可能性がある。また、(ハードウェア分野は)Microsoftが得意とする分野でもないのだから、もう一度よく考えてもらいたい」と言っていたよ。

 とは言うものの、向こう1年間で販売されるWindows搭載PCは4億台近くあり、そのうちSurfaceタブレットが占めるのは200~300万台にすぎないだろうから、大きな不和をもたらすには至らないはずだ。また、Microsoftのハードウェアパートナー企業の多くは、既にWindows RTを搭載したタブレットの開発にとりかかっている。

--企業の立場から見たらどうなのかな?

 TechRepublicの「CIO Insights」の記事を読むと、各社の最高情報責任者(CIO)たちは、Surfaceが企業の待ち望んでいたiPadの対抗製品だと考えているようだね。企業のIT部門はBYODという流れの中で職場になだれ込んでくるiPadをサポートする必要性に迫られているものの、ほとんどのIT部門はMicrosoft製品を主軸に据えているからね。これはPCに関して特に当てはまることだと思うよ。

 つまり、自社のITアーキテクチャと親和性を持ったタブレットを採用できるという理由で、CIOたちはおそらくSurfaceを歓迎するだろうね。でも、今のところはみんなが確信しているわけではなく、ある調査会社はSurfaceが第2のZuneになるかもしれないと警告しているよ。

--SurfaceはiPadの真のライバルになるの?

 企業のIT部門には潜在的なニーズが数多くあるだろうから、Surfaceは彼らに暖かく迎え入れられるだろう。あと、重要な要素として、Microsoftは開発者に対してWindow 8アプリの開発を奨励する必要もあるだろうね。

 だけど、iPadと互角に戦おうとするのであれば、コンシューマー市場に入り込む必要があるだろう。このためボディの素材を、従来は高級腕時計の仕上げに用いられていた「VaporMg」にするといった、コンシューマーをうならせる機能に重点を置いているんだ。

 コンシューマーにiPad以外の製品を購入する意思があるということは、Nexus 7の成功を見ても明らかだ。といってもMicrosoftは、価格を注意深く決定する必要があるだろうね。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]