編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

企業はどちらの「Windows 8」タブレットを選択すべきか? - (page 2)

Patrick Gray (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2012-10-24 07:30

どちらを選ぶべきか

 私はWindows RTが一般消費者だけに向けた製品だとは思っていないが、ARMプラットフォームが長期的に生き残れるかについては疑問視せざるを得ない。ただ、Microsoftは普通のCIOよりも、Intelの計画と能力についてずっとよく知っているはずであり、Windows RTの提供に大金を投資したことを考えると、同社はこれを一発屋で終わらせようは考えていないように見える。しかしまた一方で、Intelを信じれば、まもなくARMに肩を並べるプロセッサが登場するはずであり、すべてのソフトウェアが動いて、かつ軽く、安価で、バッテリ持続時間も長いWindowsベースのタブレットを手に入れることができるようになるはずだ。

 私の考えでは、Windowsのバージョンの選択は、結局考え方の問題だ。読者の組織で、ユーザーが主に使うコンピューティングデバイスとしてタブレットを利用しようとしており、スプレッドシートを操ることから、店舗の店先からERPクライアントを動かすことまで、何でもできなくてはならないのなら、Intelプラットフォームを選ぶべきだろう。タブレットに「標準」的なWindows 8を載せれば、ラップトップとしても、タブレットとしても、デスクトップとしても使える複数の役割をするデバイスを実現することも可能だ。これはコストも高く、携帯性もやや損なわれるが、IntelベースのWindows 8タブレットは、どの役割でもそれなりに使えるはずだ。

 タブレットがどちらかというとコンテンツ消費用のデバイスで、既存のコンピューティングプラットフォームを補うものとして位置付けられており、情報を消費するモバイルユーザー向けで、主な用途がメールやウェブの閲覧などであれば、Windows RTの方が魅力的だろう。Windows RTを選べば、WindowsデスクトップとiPadやAndroidのタブレットを併用する場合に比べ、すべてのユーザーに慣れ親しんだWindowsプラットフォームと、似たユーザーインターフェースを提供することができる。

 Windows 8用のアプリケーションは、どちらのWindows 8でも動くため、アプリケーション開発者の潜在的な顧客層は大きい。このことは、うまくいけば新しいタブレットOSが必要とするアプリケーション開発の活性化にもよい影響を与えるはずだ。

 とにかく短期的には、Windows RTを無視することはできない。テストでは両方のバージョンのWindowsを評価し、異なるタイプのユーザーに何台かのWindows RTデバイスを使わせてみるべきだろう。IT部門に対しては、Windows RTを管理機能を持たないデスクトップではなく、iPadのように扱うように求めることだ。一部のユーザーに安価なWindows RTデバイスを買い与えておき、IntelがARMに対抗できるものを出してくるまで待つことができるなら、長期的に見れば、ユーザーはiOSからWindowsに切り替える場合よりもはるかに少ない摩擦で移行することができるかもしれない。

 いずれにせよ、Microsoftが新しいアイデアとプラットフォームで再びタブレット市場に戻ってくるのは刺激的なことだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]