編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

データには企業の過去、現在、未来がある

田中好伸 (編集部)

2012-12-30 17:30

 東日本大震災で日本企業の多くのIT部門は、改めて事業継続計画(BCP)や災害復旧(DR)対策の必要性を痛感したに違いない。特に衝撃を与えたのは、被災した自治体の住民に関するデータがまるごと失われてしまったことだろう。復旧、復興に向けて基礎となるデータがなくなってしまったからだ。

 自然災害などで企業が展開するビジネスが止まってしまうことはこれからも大いにあり得ることだ。問題となるのは、ビジネスの停止からいかに素早く復旧できるか、ということだ。ビジネスにシステムが欠かせなくなってしまった現在、システムを素早く復旧させるのは、IT部門の重要な役割になっているということは改めて言うまでもないはずだ。

評価されるクラウド

 大震災後で大きく評価が進んだのがクラウドだ。未曽有のトラブルの真っ只中でも活用できたからである。以前の日本企業は、ファイアウォールの外側にあるリソースを活用するパブリッククラウドに対して、主にセキュリティやコンプライアンス上の課題から不審の目を向けてきた。だが、IDC Japanの調査でも明らかになっているように、大震災以後はクラウドを評価する声が出てきている。

 ZDNet Japanで取り上げただけでもインターネットイニシアティブ(IIJ)伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)日立システムズ大塚商会、Amazon Web Services(AWS)、ヤフーなどがクラウドを活用したバックアップサービスを提供している。東京証券取引所は、IIJが提供するクラウドサービス「IIJ GIO」を活用してデータバックアップシステムを構築している。日鉄鉱業はCTCのクラウドサービスを活用して全国24拠点のバックアップを取っている。グループウェア「desknet's」を提供するネオジャパンもユーザー企業の中で稼働するdesknet'sのデータをバックアップするクラウドサービスを提供している。

現実解としてのハイブリッドクラウド

 クラウドというと、ファイアウォールの外側のパブリックか内側のプライベートという区別をするのが一般的だ。日本に限らず世界各国の企業は、システムやデータを自前で見られ、制御できるプライベートクラウドの方に重心を置いている。

 だが、すべてを自前で制御するプライベートクラウドはどうしてもコストがかかる。そうしたことからプライベートとパブリックを併用するハイブリッドクラウドの方がより現実的な解決策となりつつある。自分たちにとってコアとなるシステムはプライベートクラウドに置き、ノンコアのシステムはパブリックラウドを活用するという形態だ。

 ただでさえ、IT部門はコスト削減圧力にさらされている。ならば、持ちうるコストでより効果的なシステムで事業に貢献した方がいいだろう。そうしたことから、ハイブリッドクラウドは当然の帰結として浮かび上がってくる。

 そうした視点で注目できるのが「AWS Storage Gateway」である。これはプライベートクラウドやオンプレミスで稼働する業務システムのデータを「Amazon Simple Storage Service(S3)」に自動で保管するというものだ。このStorage Gatewayもハイブリッドクラウドという解決策だ。

 多くのIT部門が経験していることだが、バックアップの作業は手間がかかりやすい。ましてバックアップの作業自体が売り上げの増加につながるというものでもない。企業のIT部門にとってノンコアであるバックアップの業務は、外部のリソースを使うという選択肢は頭の中に置いておいた方がいいだろう。AWSでは、データアーカイブサービスとして「Amazon Glacier」も提供している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]