編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
大河原克行のエンプラ徒然

「元気な韓国勢」と「弱気な日本勢」という構図

大河原克行

2013-01-21 12:00


サムスンのブース
圧倒的な存在感を見せつけたサムスンのブース

 世界最大の家電見本市「2013 International CES」は、今年も、韓国勢の勢いを感じるものとなった。

 とくにその勢いを増したのが、韓国サムスンだ。

 セントラルホールの会場中央に陣取られたサムスンブースの規模は他社を圧倒しており、また会場横の通路にも「GALAXY Note II」などを展示するコーナーを用意。さらに開催2日目のサムスン電子 デバイスソリューションビジネス部門 ステファン・ウー社長の基調講演では、ビル・クリントン元大統領が突然ゲストとして登場、聴衆を驚かせた。

 勢いを感じさせる演出は、マーケティング戦略に長けたサムスンらしいものだ。

 しかし、サムスンは今回のCESで他社を圧倒するような製品や技術を発表したわけではない。記者会見や基調講演で発表された製品をみても、すでに昨年発表されていた55型有機ELテレビの進化版のほか、今年のトレンドとなった4Kテレビでは85型および110型の製品を展示。また、テレビの背面に搭載するだけで、テレビの機能を進化させることができる「Samsung Evolution Kit」、折り曲げられる有機ELディスプレイの「YOUM」などが目立った発表内容だったといえる。

  • サムスンが展示した世界最大の110型4Kテレビ

  • サムスンはメイン会場以外にもブースを設置

 確かにこれらの発表は、競合他社と比べてもサムスンならではの独自性や先進性を示すものだったといえるが、昨年までのCES会場で感じた日本の企業との大きな格差は縮まったように感じられる。

 有機ELに関しては、ソニーとパナソニックがそれぞれ56型の有機ELパネルを展示。サムスンのサイズを1インチ超えて世界最大としたほか、4KテレビについてもシャープがICC 4Kテレビに加えて8Kに対応した85型テレビを展示するなど、やはりサムスンの製品展示を凌駕する内容だったといっていい。そして、4Kテレビの普及戦略に関しても東芝が1インチ1万円時代の到来を宣言するなど、4Kテレビで先行する姿勢を見せつけた。

  • ソニーが展示した56型有機ELテレビ

  • シャープは85型8Kテレビを展示した

  • 東芝は4Kテレビで1インチ1万円時代の到来を宣言

 しかし、それでありながらも、CESでのサムスンの存在感は圧倒的であった。世界をリードする電機メーカーであることを、改めて印象づけるものだったといっていい。北米市場におけるマーケティング戦略の差を見せつけられた感は否めない。

 韓国メーカーのもうひとつの雄であるLG電子は、定番となりつつある超大型3Dビデオウォールによって、3Dの圧倒的迫力を表現。ブース全体でも3Dにフォーカスした展示を行っていたのが特徴的だ。

 すでに3Dの展示を脇役へと位置づけた日本勢とは一線を画す内容だったといっていい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]