編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

モノのインターネットとは--知っておくべき10のこと

Patrick Gray (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2013-01-25 07:30

 モノのインターネット(IoT:Internet of Things)という言葉は、大学の教室や、SFのような世界を出て、役員会議室や製品計画会議の場によく登場するようになってきた。そこで以下では、モノのインターネットについて押さえておくべき10のポイントについて解説する。

#1:「モノ」とは何か?

 モノのインターネットというコンセプトで言及される「モノ」とは通常、インターネットに接続可能な、コンピューティング機器を埋め込むことのできるものすべてを指している。IoTにおけるこういった「モノ」にはRFIDタグの付いた輸送用コンテナや、Wi-Fiチップを搭載してフィットネスデータを送信したり、インターネット上のどこかのサーバにショートメッセージを送る一般消費者向けの腕時計といったものが考えられる。

#2:なぜ今になって?

 あなたがテクノロジ業界に身を置いて久しいのであれば、過去の似たようなテクノロジを焼き直したものが、新しく革新的だという触れ込みで喧伝されていたという事例をいくつも知っているはずだ。IoTもその例外ではない。10年ほど前にも、Java Beansのようなイノベーションによってデバイス同士が連携し合う素晴らしい世界が来ると言われていたのを覚えているかもしれない。当時との大きな違いは、モバイルデータネットワークが至るところに存在し、安価で性能の高いデバイスが手に入るようになったという点にある。10年前には、スマートフォンや「Arduino」のようなデバイスがどこにでもある世界など想像することはできなかった。今日では、そういったものが普及し、2人分のディナーよりも安く手に入るようになっている。

#3:データがすべて

 ほとんどのソーシャルメディアサイトが、人と人とをつなぐという利他的な目標を置くのではなく、広告ビジネスに軸足を置いているように、ほとんどの業界におけるIoT関連の熱狂は、IoTによって生成できるデータの周辺で起こっている。サプライチェーンに大量のIoTデバイスを導入するといった、よく見かけるケースでは、供給網を通過するあらゆる製品に関するデータが得られるという明らかなメリットがある。しかし、技術者からマーケティング担当者に至るまであらゆる人々は、モノのインターネットによって生成されたデータのより興味深い利用方法をイメージしている。その例として、特定の地域を対象とする非常にきめの細かいマーケティングを行ったり、周囲の「匂い」をかぎ分け、それに応じて動作するコンシューマー製品を作り出すといったものを挙げることができる。

 では、今日におけるIoTの一般利用形態としてどのようなものがあるのだろうか?

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]