編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

外資系EAIのリプレース作戦--モバイル対応も進めるインフォテリア - (page 2)

怒賀新也 (編集部)

2013-06-13 17:49

タブレット向けに定型データを扱う新製品を展開へ

 企業間データ連携で知られるインフォテリアだが、もう1つの柱であるモバイルドキュメント管理ソフトウェア「Handbook」もライセンス数を伸ばしている。Handbookは、営業資料や社内資料などをiPadやAndroidタブレット端末でいつでも閲覧できるようにするものだ。

 野村證券やエーザイ、九州大学など導入実績は500件を超えた。顧客先で電子カタログや資料を閲覧できるようにすることで、例えば営業の現場などですばやく商品を顧客にアピールできるようになる。

 平野氏は「カタログなどの非定型データを持つHandbookを他システムと連携できるようにし、在庫や販売、需要、購買といった定型データとつなげるようにする」と話す。

 それを実現するための新たなタブレット向け製品として、定型データを扱うタブレット向けソフトウェア「Gravity」(コード名)を2013年度内に提供することも、この日明らかにした。

 インフォテリアの持つ製品全体を見ると、企業が持つバックエンドのシステムに対し、ASTERIAシリーズが仲介することで、Handbookの定型データとGarvityの非定型データを連携できる。

ユーザー企業は3600社を超えた
ユーザー企業は3600社を超えた

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]