編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

NEC、「SAP Business ByDesign」ベースのSaaS型ERPを東南アジア向けに提供へ

NO BUDGET

2014-01-09 17:19

 NECとSAPは1月9日、統合基幹業務システム(ERP)をSaaSで利用できる「SAP Business ByDesign」でグローバルな協業契約を締結したと発表した。Business ByDesignでの協業契約は世界初という。

 これまでBusiness ByDesignが提供されていなかったシンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナムの東南アジア6カ国へ向けて、NECが各国の法制度や商習慣に対応した追加機能を優先的に開発、Business ByDesignと組み合わせたSaaS「NEC Global Localization Package for SAP Business ByDesign」として先行提供する。

 すでにBusiness ByDesignが提供されている17カ国でも、同様に追加機能の開発、Business ByDesignと組み合わせたサービスの提供を予定している。5月から提供する予定であり、税別価格は1拠点20ユーザーライセンスで年額500万円から。

 NECは、本社にERPパッケージ「SAP ERP」を導入済みの日系企業、海外のローカル企業、政府機関や公共サービス事業者などを対象とし、今後3年間で300拠点への販売を目指すとしている。

 中規模拠点向けのBusiness ByDesignは短期間で導入でき、会計や人事管理、営業、マーケティング、調達・購買、顧客管理、サプライチェーン管理などに対応している。SAP ERPをはじめ他社ERPパッケージとも連携できる。2007年から提供されているが、日本では2013年11月から提供されている。これまでに約1100社の導入実績があるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]