編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

NEC、「SAP Business ByDesign」ベースのSaaS型ERPを東南アジア向けに提供へ

NO BUDGET

2014-01-09 17:19

 NECとSAPは1月9日、統合基幹業務システム(ERP)をSaaSで利用できる「SAP Business ByDesign」でグローバルな協業契約を締結したと発表した。Business ByDesignでの協業契約は世界初という。

 これまでBusiness ByDesignが提供されていなかったシンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナムの東南アジア6カ国へ向けて、NECが各国の法制度や商習慣に対応した追加機能を優先的に開発、Business ByDesignと組み合わせたSaaS「NEC Global Localization Package for SAP Business ByDesign」として先行提供する。

 すでにBusiness ByDesignが提供されている17カ国でも、同様に追加機能の開発、Business ByDesignと組み合わせたサービスの提供を予定している。5月から提供する予定であり、税別価格は1拠点20ユーザーライセンスで年額500万円から。

 NECは、本社にERPパッケージ「SAP ERP」を導入済みの日系企業、海外のローカル企業、政府機関や公共サービス事業者などを対象とし、今後3年間で300拠点への販売を目指すとしている。

 中規模拠点向けのBusiness ByDesignは短期間で導入でき、会計や人事管理、営業、マーケティング、調達・購買、顧客管理、サプライチェーン管理などに対応している。SAP ERPをはじめ他社ERPパッケージとも連携できる。2007年から提供されているが、日本では2013年11月から提供されている。これまでに約1100社の導入実績があるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  2. 経営

    店長のいない自動車ディーラーが考える自立型組織を育成するITシステム

  3. ビジネスアプリケーション

    改正電子帳簿保存法とインボイス制度で、請求書業務はこう変わる

  4. 運用管理

    「PCリプレースの理想は3年」「テレワークは依然進まず」ハイブリッドワーク時代のPC管理の課題とは

  5. ビジネスアプリケーション

    マンガで解説、クラウドを活用して年末調整の負担を劇的に減らし労務の生産性を向上させるには

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]