三国大洋のスクラップブック

壁に耳あり、天井に目あり?--ネットワーク接続するLED照明の光と影 - (page 2)

三国大洋

2014-02-21 12:24

 ところで。こうしたサービスの提供を受けるユーザーは、対応するスマートフォンアプリを立ちあげる(あるいは、バックグラウンドで開いておく)という行為を通じて、自分の居場所を知らせる(=位置情報データを開示する)ことに同意していることになるが、なかにはそうした同意がなくても個人のプライバシーに関わるようなデータを収集できてしまうものも出てきているという。

 The New York Times(NYTimes)によると、ニューヨーク市に隣接するニューアーク(ニュージャージー州)の空港に171基のLED照明が最近になって設置されたが、この新型照明装置に監視活動にも利用できるカメラやチップなどが埋め込まれていることから、人権擁護団体関係者などの間からはプライバシーに関する懸念の声も挙がっているという。

At Newark Airport, the Lights Are On, and They’re Watching You - NYTimes
(記事に挿入された照明の拡大写真をみると中央部にカメラが内蔵されているのがわかる)

 Sensity Systemsという米企業が開発・納入したこのLED照明には、カメラや各種のセンサーと接続できるチップ類が内蔵され、無線通信網経由でデータなどをやりとりすることも可能。「人感センサー付きで自動点灯・消灯するLEDライト」というのをよく見かけるが、あれを技術的に洗練させたものが数十~数百個ネットワークで接続されている、といった姿を想像するといいかもしれない。Sensity SystemsのCEOも、「まったく新しいネットワークを構築するのに最適なインフラとして屋外照明をとらえている」「(顧客は)人や地球についての情報を収集することにこの新しいネットワークを使ってみたいと考えている感じがする」などとコメントしている。

 この新型LED照明システムを導入して得られる具体的なメリットについては、節電効果や維持費低減のほかに、監視カメラによるセキュリティなどが挙げられている(例えば映像解析ソフトをつかって自動車のナンバーを割り出すなど、具体的な用途の例も記されている)。

 一方、こうした新しい仕組みを使って収集できる膨大なデータを「誰が、どう利用するか、管理していくか」といった点については、まだあまり検討が進んでいないらしい。ニューアークの空港の場合は、同空港を管理する港湾局(Port Authority of New York and New Jersey)がデータを所有・利用し、警察などの捜査当局に対しては正式な捜査令状(の提示)もしくは書面での要請があった場合にだけデータを開示する、という指針が設けられている。またSensity Systems側の、「無線通信でやり取りされるデータは暗号化されており、非常に安全」とする説明もある。ただし、2013年から続いているNSA(米国家安全保障局)をめぐる騒動などもあわせて考えると、こうした指針や手続き、セキュリティ対策だけでデータの安全性を十分に確保できるのかといった不安も残る(少なくとも、そうした不安を払拭するだけの具体的な説明は必要と思われる)。

 なお、NYTimesでは、こうした新種の照明装置の潜在市場規模について「今後10年間で1000億ドル以上」とする米コンサルティング会社Navigant Consultingの試算を紹介(おそらく米国の自治体などによる支出と思われるが、詳しい説明はない)。またCisco SystemsやPhilipsといった大手各社もこの分野で動きを進めているとの記述もある。

 先月GoogleがNestの買収を発表した際にも、収集されるデータの扱い(とプライバシーに関する懸念)がまっさきに大きな注目を集めていた。サーモスタットやスマートフォンなら、ユーザー(消費者)に比較的大きな選択の余地がある。極端な場合、スイッチを切るという選択肢もあるかもしれない。それに比べて、公共の場に設置されるセンサーや他のデータ収集用機器の場合は、あまりなさそうにも思えるが……。いわゆる「Internet of Things(IoT)」といった流れのなかでこうした話題が今後さらに増えることになるのかもしれない。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]