日本IBM、新RISCプロセッサ「POWER8」搭載サーバ--オープン系対応を拡充

齋藤公二 (インサイト) 2014年04月25日 18時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは4月24日、新RISCプロセッサ「POWER8」と同プロセッサを搭載したサーバ製品「IBM Power Systems S クラス」を発表した。POWER8はx86サーバと比較して50倍の分析処理性能を持ち、ビッグデータを高速処理できるという。Power Systems S クラスはLinux専用機など5モデルを6月10日から出荷する。

 新プロセッサの発表は、旧POWER7の2010年から数えて4年ぶり。POWER7/7+が45/32nmプロセスでの製造だったのに対し、POWER8は22nmプロセスとなる。1チップ12コアで、コアあたり8スレッド(SMT8)の並列処理、書き換え可能なLSIである「FPGA(Field Programmable Gate Array)」のサポート、PCIeアクセラレーション機能などを搭載している(今回発表したサーバは1チップ6コア)。

Martin Jetter氏
日本IBM 代表取締役社長 Martin Jetter氏
大島啓文氏
日本IBM 理事 システム製品事業本部 サーバセールス事業部 大島啓文氏
伊東成倫氏
日本IBM システム製品事業本部 システムズ&テクノロジー エバンジェリスト 伊東成倫氏

 会見には日本IBM代表取締役社長Martin Jetter氏も参加し、「今後のイノベーションに対応できる重要なテクノロジだ。ビッグデータを高速処理できるプロセッサを持ち、高い信頼性と経済性を備えたクラウド基盤を構築できる。世界初のオープンサーバプラットフォームでもある」とアピールした。

 システム製品事業本部 サーバセールス事業部の大島啓文氏がどのようなビジネス課題に対応できるのかを解説した。ビッグデータの高速処理といった用途では、「DB2」にインメモリ技術を活かしたハイブリッドデータベース「DB2 BLU Acceleration」やアプリケーション基盤ソフトウェア群「WebSphere」などを組み合わせたベンチマーク結果として、x86サーバと比較して分析処理が50倍、Javaアプリケーションの実行速度が2倍高速であったことを紹介した。

 クラウド基盤に採用するメリットとして、余剰リソースを最適に利用するマルチスレッド技術でリソース使用率を高めていること、仮想化技術「PowerVM」に関する脆弱性報告がゼロ(米国脆弱性情報データベースの検索結果)と高いセキュリティを確保できること、オープンテクノロジを採用し、パブリッククラウドとプラベートクラウド間の連携性が高いことを挙げた。

 オープンテクノロジについては、POWERプロセッサ向けハイパーバイザ「PowerKVM」やUbuntuサポートなど、Linuxに1000億円投資するなど積極的に取り組んでいることを紹介した。POWERアーキテクチャを公開して開発を進めるコンソーシアム「OpenPOWER Foundation」への参加企業が25社となるなど、エコシステムが拡大していることをアピールした。

 OpenPOWER Foundationの新メンバーには、Canonical、Samsung Electronics、Micron、Emulex、Fusion-IO、Xilinxなどがあり、日本からも日立製作所が参加している。これまでの成果としては、NVIDIA GPUアクセラレータや今回POWER8に加わったCAPI接続のFPGAアクセラレーターなどがある。

 Power Systems S クラスは、Linuxを搭載した2モデルのほか、ソケット数、コア数、メモリの違う3モデルの計5モデルを提供する。具体的には、Linux専用の「Power Systems S812L」「Power Systems S822L」と、Linuxに加えAIXとIBM iの複数OSに対応する「Power Systems S814」「Power Systems S822」「Power Systems S824」となっている。

 拡販施策としては、スタートキャンペーンとしてLinux専用機を88万8000円の特別価格で提供するほか、1000人体制の営業活動を全国規模での展開、支援施設「Power Systems Linuxセンター」で独立系ソフトウェアベンダーが提供するソフトウェアを無償で支援するとした。

 プロセッサの技術については、システムズ&テクノロジー エバンジェリストの伊東成倫氏が解説した。POWER7との比較として、マルチスレッドについて従来の4スレッドから2倍の8スレッドにしたほか、L1キャッシュ、L2キャッシュをそれぞれ64Kバイト、512Kバイトと2倍にした。eDRAMによるL3キャッシュを80Mバイトから96Mバイトに増やし、128MバイトのL4キャッシュを新たに加えた。メモリバンド幅は100~180GB/秒から230~410GB/秒に拡大させた。

 PCIe(Gen3)をプロセッサと直接結合することでレイテンシを低下させたほか、「POWER8 CAPI(Coherent Accelerator Processor Interface)」という新技術を使うことで、OSやデバイスドライバによる処理のオーバーヘッドをなくし、I/O処理の高速化を実現したという。

 オープンテクノロジでは、PowerKVMを中心に紹介。PowerKVMが追加されたことで、POWER8搭載サーバ上でLinuxディストリビューションとしてRed HatやSUSEのほかに「Ubuntu Server」も動作する。リトルエンディアンにも対応したため、x86環境のLinuxアプリケーションをPOWER8上のLinux環境下に容易に移行できるという。

 たとえば、オンプレスのPower Systems上のOSやアプリケーションを、クラウドのPowerKVM上のOSやアプリケーションと連携できる。Ubuntuを開発するCanonicalのOpenStackディストリビューション「Ubuntu OpenStack」、Ubuntuのサービスオーケストレーションツール「Juju」も提供される予定としている。

  • Power System Sのラインアップ

  • POWER8

  • 2ソケットで4Uのラックマウントの「Power Systems S824」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]