三国大洋のスクラップブック

スプリントとT-モバイルを合併させるにはLAクリッパーズを買収すべし(後編)

三国大洋 2014年05月06日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「本物の高速ブロードバンド提供」という大義で世論を味方に付け、SprintとT-Mobile USA(T-Mobile)の合併実現に向けたモメンタムを生み出そうとしているかのようにみえるソフトバンクの孫正義。その孫に“米国のお茶の間での存在感の不足”といった問題があるのではないか…。前編ではそんな可能性を指摘した。後編では、この問題の手当ての仕方について勝手な考えを記す。


[NBA Commissioner Adam Silver Bans Clippers Owner Donald Sterling For Life]

 

 この認知度向上という点について、ひとつ役立ちそうなのが、現在“大騒ぎの真っ最中”といった状況にある、米プロバスケ(NBA)チームLos Angeles Clippers(LAC)の争奪戦に名乗りを上げることだ。

 LACのオーナーが人種差別発言をし、それをきっかけにNBAから厄介払いされそうになっている――Donald Sterlingというオーナーに対し、NBA事務局が「永久追放(Lifetime Ban)」処分などを発表したが、米国の媒体はこの話題で持ちきりといった感がある。

 この話についての詳細はここでは省くが、「LACが売りに出たら、買いたい」と手を挙げそうな連中の話がESPNだけでなくWSJやBloombergにもすでにたくさん出ている。

 候補者として浮上している中でも一番面白そうなのは、David Geffen(DreamWorks SKGの“G”)とLarry Ellison(Oracle最高経営責任者=CEO)が人気テレビ司会者でメディア企業経営者のOprah Winfrey――Forbesの「世界で最も影響力のある有名人」リストで長年1位――を巻き込んで、LAC買収に名乗りを上げようかどうかと相談中、というもの(近年では複数の投資家がグループを作って買収するケースが多い)。

 そのほか、プロボクシングチャンピオンのFloyd Mayweather Jr.、ラッパーから事業家に転じたSean Combs(P. Diddy)、それにMagic Johnson(Los Angeles Lakers:LALの元大スター、事業家としても成功)などと組んで2012年にメジャーリーグ(MLB)のLA Dodgersを手に入れたGuggenheim Partnersなどの名前も取り沙汰されている(なお、Chris HansenとSteve Ballmerは、NBAチームのシアトル“再”誘致が狙いだから、今回は出てこないだろう、といった観測も見かける)。

 ちなみに、米国人以外のオーナーというのは、すでに前例がある(Brookyn Netsのロシア人オーナーであるMikhail Prokhorov。現在の個人資産額は推定万ドルで123億ドルで、Bloombergの富豪リストを見ると同152億ドルの孫よりも少ない)。

 またロサンゼルスがニューヨークと並ぶ有望市場であることを示す証拠としては、LALがTime Warner Cable(TWC)と共同で作ったTime Warner Cable SportsNetの前例がある(この契約で、TWCはLALに20年間に総額30億ドルを支払うことになっている)。

 この4月にMilwaukee Bucksの売却話がまとまり、最も企業価値が低いとされる同チームに対して5億5000万ドルの買値がついていたから、そこからするとLACには10億ドル以上の値がつく、などといった観測も流れているが、このLAL-TWCの放映権契約をみれば、たとえLAC獲得に10億ドル以上出したとしても十分回収できそうだ。ComcastもComcast Sportsnetというケーブル局(コンテンツホルダー)を持ち、ローカルスポーツ放送市場でしっかり足場を築いていたりもする。

“白馬の騎士”として認知されるチャンス

 このComcastのやりくちについては、「ネットワーク中立性(Net-Neutrality)」という言葉=コンセプトの生みの親であるTim Wuが2014年初めに面白いことを書いていた(ComcastによるTWC買収計画発表の直後に、New Yorkerに寄稿した記事)。

 曰く「Comcastはお膝元のフィラデルフィアで、まずプロスポーツ中継の放映権をしっかり押さえた……MLBのPhillies、NHLのFlyers、NBAの76ersという地元チームと独占放映権を結び、それで有料テレビ分野で競合する衛星テレビの連中を市場から締め出し、高い料金を維持することに成功した」らしい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算