編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

IT系就活生が会社を賢く選ぶための7つのポイント - (page 3)

Erin Carson (TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2014-05-08 07:30

6.情熱

 求職者が仕事を探すときに重要な点の1つに、自分が情熱を持てる仕事を選ぶということがある。これは理想主義的に聞こえるかも知れないが、Webb氏は競争力を維持するためには情熱が必要だと説く。「学校で学んだことしかしなければ、すぐに時代遅れになってしまう。専門分野に登場してくる、最先端の新しいことを常に追いかけるには、自分のやっていることに情熱を持っている必要がある」と同氏は言う。

 Li氏は、自分が興味を持っている分野をよく知っており、自分の興味に合う仕事を探した。「私はインターネットと最新技術が大好きだ。一方、一部の医療関係や財務関係のソフトウェア企業が、イノベーションではなく要件に基づいてものを作るときの、柔軟性のなさや頑迷さはとても嫌いだ」と同氏は話した。

7.長期的な展望

 ある仕事に情熱を感じるかどうかを評価すれば、その仕事に就くことが、長期的に見て有利かどうかも考えることになる。その仕事は、将来堅実なキャリアを築くのに役立つだろうか?Brosseau氏は、「この仕事は数年間やるだけだ」という考え方には反対しており、それでは生産性と能力が損なわれると述べている。

 今のIT分野の求職市場では、求職者が企業から甘い言葉で誘われ、自意識がくすぐられるような状況になる場合もある。しかしPritts氏は、長期的に考えれば、その仕事の新しさが薄れた時にも、本人を引き留める何かがなければならないと話す。「自分の価値を問うような人が周りにおらず、持ち上げられてばかりいると、ハネムーンの時期が終われば、自分のプライドは傷つけられ、また同じものを求めるようになる。これは、子供の行動と同じだ」とPritts氏は言う。

 頻繁に転職するのは珍しいことではない。しかし、賢いことでもない。「仕事の選択は、大学の授業を選択するのとは違う」とBrosseau氏も言う。重要なのは、長期的に考えることだ。「そのような仕事では、Googleのような目覚ましい給料はもらえないかもしれない。だが、自分が好きで、満足できる仕事ができるかもしれない」とWebb氏は述べている。「もし自分に合った、自分の能力をビジネスに生かせる会社を選ぶことができて、その会社にいる人たちから学ぶことができそうなら、その会社でしばらく働けば、自然とその会社にとっての価値を生み出せるようになるはずだ」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]