編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

今さら聞けない「ビットコインって何?」--知っておきたい10のこと

Lyndsey Gilpin (TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2014-06-25 07:30

 最近では、Bitcoin(ビットコイン)がテクノロジや、経済、インターネットの将来に関する言説の中に登場することが多くなっている。デジタル通貨の将来は、依然として議論が分かれる話題だ。デジタル通貨の世界はいろいろと複雑だが、この10カ条を読めば、自信を持って会話に加わることができるだろう。


提供:CNET

1.仮想通貨、デジタル通貨、暗号通貨の違い

 仮想通貨は、金融機関や電子取引の信頼性の問題に対応するために作られた。仮想通貨は万人が「お金」として認めているものではないが、これらの通貨は従来の銀行から独立しており、今後は競合するものになっていくかもしれない。

 まず、しばしば同じ意味に使われる「仮想通貨」「デジタル通貨」「暗号通貨」という3つの用語について整理しておく必要があるだろう。

 仮想通貨については、欧州中央銀行が2012年に、「規制されていない電子マネーの一種で、開発者によって発行され、通常は開発者のコントロールを受け、特定の仮想コミュニティの成員間で受け入れられているもの」と定義している。米財務省は2013年に、デジタル通貨は従来の通貨と同じような働きを持っているが、同じ特徴をすべて備えているわけではなく、法定通貨としては認められていないと述べている。

 デジタル通貨は仮想通貨の一形態であり、電子的に作られ、保管されるものだ。デジタル通貨の一部は暗号通貨だが、すべてがそうだというわけではない。

 それでは、暗号通貨をより具体的に定義してみよう。暗号通貨は、デジタル通貨の一種であり、セキュリティに暗号を用いることによって、偽造を困難にしている通貨のことだ。これらの通貨の大きな特徴は、中央当局によって発行されているわけではないということだろう。

2.Bitcoinの原点

 Bitcoinは暗号通貨であり、Bitcoinアドレスと結びついた数字だ。2008年にSatoshi Nakamoto氏という名前で、あるプログラマー(あるいはプログラマーのグループ)がデジタル通貨の仕組みを説明する論文を発表した。そして2009年には、最初のBitcoinネットワークと暗号通貨を作り出したソフトウェアを発表した。Bitcoinは政府や中央銀行の手から権力を奪い、人々の手に取り返すために作られた。

 現在は1200万Bitcoinが流通しているが、Bitcoinが作られた際、同氏はBitcoinの流通量は有限で、2100万Bitcoinが上限だと述べている。Bitcoinの動きを追跡しているBitcoin Chartsによれば、1Bitcoinは本稿執筆時点で460ドルに相当する。その価値は、2013年12月には1000ドルにまで高騰していた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]