モノのインターネットとプライバシー保護--考え方と実装

河野省二(ディアイティ) 2014年07月22日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 先日開催された「CNET Japan Live 2014 summer あらゆるモノがつながる世界」を聴講しました。ここではモノのインターネット(Internet of Things:IoT)の最前線とビジネスイノベーションに関して話しており、熱気がありました。

 その一方で登壇者のみなさんが口を濁していたのが、IoTによって収集されるデータの活用時のプライバシーの問題でした。プライバシーは長く語られているにもかかわらず、なかなかコンセンサスが得られておらず、どのビジネスにおいても大きな課題です。

 プライバシー保護について検討する会議ではさまざまなキーワードが出てきて、前提条件を合わせるのに苦慮することがあります。プライバシー、個人情報、個人識別情報、パーソナルデータなどがそのキーワードです。これらはすべて同じものを指しているとは言えません。しかし、同様の意味を含んでいるので、なんとなく会話が成立してしまいます。どれも正しく保護することが顧客満足度の向上につながるという意味でもそれなりにディスカッションができてしまうのです。

 しかしながら、それでは技術的な実装はできません。個人情報やプライバシーを適切に保護するためにはアクセス権を明確にし、それをルールとして実装する必要があります。ルールにするためにはさまざまなケースを想定して安全性の確保をするのですが、漏えい対策だけでは充分でないというのが現状です。プライバシー保護については利用者の意図を明確にし、サービスの満足度を提供しつつ、利用者が求める範囲でサービスの提供する必要があるからです。

 これまではオプトイン・オプトアウト方式を採用して利用者の意図を自ら反映していもらっていました。よくあるのは、メールマガジンの配信について利用者が欲しいものを、欲しい時だけ得られるように自らで設定ができるというサービスです。これにより、利用者は自分の意思に応じたサービスのみを受けられるという安心感を得ることができました。

 しかし、IoTの世界では集めてきたデータについての処理する際、プライバシーを保護するのが難しいという側面があります。情報の提供時に利用者が選択をしているとしても、集まってきたデータの連携によって個人を特定したり、行動を推測したり、それを意図せずに利用してしまう可能性があるからです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算