編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「Chromebook」の台頭がインテルに与える脅威--次世代への長期的な影響 - (page 2)

James Kendrick (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-09-01 06:00

 Windows RTは成功しなかったので、Intelの幹部は一斉に胸をなで下ろしただろう。例によって、Intelのその安心感も長くは続かなかった。GoogleによるChrome OS搭載のノートPCがこの世界に入り込んできたからだ。

 Chromebookの大半はIntel製プロセッサを使っているので、勝ち目のない話というわけではない。しかし一部のChromebookはWindows RTシステムと同様、厄介なARMチップを使っている。つまり「Intel Inside」ではないということだ。

 ARMプロセッサ搭載のChromebookが非常にうまく機能しており、市場での売れ行きも好調であることも状況を悪くしている。Chrome OSという軽量なOSは、性能の劣るハードウェアでも順調に稼働するように作られていて、それはIntelテクノロジが必要とされていないことを意味する。

 NVIDIAのChromebook市場への参入によっても、状況は悪化の一途をたどっている。同社の「Tegra」プロセッサは、Googleテクノロジを搭載したノートPCにぴったりである。そのことはIntelを少なからず不安にさせるはずだ。これはIntelのイメージにとっては直接的な打撃である。Chromebookの所有者は、「Intel Inside」ではなくても構わないということに気づいてしまうからだ。

 このようなIntelハードウェアを搭載しないChromebookが学校に広まるにつれて、生徒たちはそれに慣れてくる。次世代のコンピュータ購入者たちがIntelのことを忘れるまでに、そう時間はかからないだろう。それは、この大手プロセッサメーカーにとって問題となるはずだ。

 Intelは巨大企業であり、Chromebookがそのビジネス全体を奪うことは決してないだろう。しかしWindowsに影響を与えているように、Intelとコンピュータの関連性が失われることは、永続的な影響をもたらす。将来、コンピュータを買う人は、「Intel Inside」かどうかを気にしなくなるだろう。

 Chromebookは学校で広く使われており、次世代のPC購入者はそれらに触れていることになる。これは、生徒たちがWindowsなしで成長しているという意味だが、同時に、Intelについて考えることもなくなっているということでもある。これはIntelと、コンピュータ向けプロセッサ市場での同社のほぼ独占的な地位にとって、長期的な脅威となる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]