編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

「Chromebook」の台頭がインテルに与える脅威--次世代への長期的な影響 - (page 2)

James Kendrick (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-09-01 06:00

 Windows RTは成功しなかったので、Intelの幹部は一斉に胸をなで下ろしただろう。例によって、Intelのその安心感も長くは続かなかった。GoogleによるChrome OS搭載のノートPCがこの世界に入り込んできたからだ。

 Chromebookの大半はIntel製プロセッサを使っているので、勝ち目のない話というわけではない。しかし一部のChromebookはWindows RTシステムと同様、厄介なARMチップを使っている。つまり「Intel Inside」ではないということだ。

 ARMプロセッサ搭載のChromebookが非常にうまく機能しており、市場での売れ行きも好調であることも状況を悪くしている。Chrome OSという軽量なOSは、性能の劣るハードウェアでも順調に稼働するように作られていて、それはIntelテクノロジが必要とされていないことを意味する。

 NVIDIAのChromebook市場への参入によっても、状況は悪化の一途をたどっている。同社の「Tegra」プロセッサは、Googleテクノロジを搭載したノートPCにぴったりである。そのことはIntelを少なからず不安にさせるはずだ。これはIntelのイメージにとっては直接的な打撃である。Chromebookの所有者は、「Intel Inside」ではなくても構わないということに気づいてしまうからだ。

 このようなIntelハードウェアを搭載しないChromebookが学校に広まるにつれて、生徒たちはそれに慣れてくる。次世代のコンピュータ購入者たちがIntelのことを忘れるまでに、そう時間はかからないだろう。それは、この大手プロセッサメーカーにとって問題となるはずだ。

 Intelは巨大企業であり、Chromebookがそのビジネス全体を奪うことは決してないだろう。しかしWindowsに影響を与えているように、Intelとコンピュータの関連性が失われることは、永続的な影響をもたらす。将来、コンピュータを買う人は、「Intel Inside」かどうかを気にしなくなるだろう。

 Chromebookは学校で広く使われており、次世代のPC購入者はそれらに触れていることになる。これは、生徒たちがWindowsなしで成長しているという意味だが、同時に、Intelについて考えることもなくなっているということでもある。これはIntelと、コンピュータ向けプロセッサ市場での同社のほぼ独占的な地位にとって、長期的な脅威となる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]