アジア太平洋日本の拠点が25周年--SAPの「クラウドカンパニー」への舵取り - (page 3)

末岡洋子

2014-10-31 07:00

顧客と共同開発するCo-Innovationアプローチ

かつて日本法人の社長兼CEOを務め、現在はグローバルセールス担当プレジデントを務めエグゼクティブボードメンバーでもあるRob Enslin氏
かつて日本法人の社長兼CEOを務め、現在はグローバルセールス担当プレジデントを務めエグゼクティブボードメンバーでもあるRob Enslin氏

 Enslin氏とFox-Martin氏は、製品開発やロードマップにあたってSAPが取る手法、Co-Innovationプログラムにも触れた。顧客と共同で開発することで、その顧客の問題やニーズに応じた製品を作り、その後汎用性のある製品にするというものだ。

 会期中にシンガポールで開催されていた世界テニス協会(WTA)の「BNP Paribas WTAファイナル」では、WTAと14カ月がかりでのCo-Innovationにより開発した「Match Insight」を利用。ボールの速度、スピン数、サーブボールの位置はもちろん、選手のポジションを示すヒートマップなど試合のさまざまなデータを収集して分析する「Post Match Analysis」が活躍している。

 HANAを利用したビックデータ分析から割り出した試合のデータを選手やコーチが試合後に利用することで、次の試合やパフォーマンスの改善に役立てることができるという。この経過に満足したWTAは会期中、2015年より試合中に「オンコートコーチング」として同アプリの利用を認める方針をSAPと共同発表した。予定通りであれば、来年より試合の休憩時間、選手がコートを呼んでビックデータ分析を利用した情報の利用が可能になる。

 WTAとの提携を通じて、SAPは公式アプリも作成した。特定のハッシュタグを付けたツイートに選手がサインした仮想サインボールをプレゼントしたり、試合中に多面的にショットを分析できるバーチャルリプレイなどのコンテンツが含まれている。ファンとのエンゲージを高めるというWTAの狙いと、BtoP(Business to People)としてコンシューマーへのリーチ拡大を戦略に掲げるSAPの狙いの両方に合致するものだ。

 Match Insightはスポーツ分野に限定されない。「IoTでデータを収集してリアルタイムで分析するという点では、医療分野などさまざまな業界に応用できる」とEnslin氏。センサなどからデータを収集するモノのインターネット(IoT)では、物流や製造のほか、「牛にもチップが埋め込まれている」という。このような技術革新を利用できる先進的ソリューションを提供することで、「今後もAPJの顧客やコミュニティにとって重要な役割を担うパートナーであり続ける」と述べた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]