2014年のセキュリティ事件総まとめ--重大なハッキング、情報漏えいを振り返る - 3/15

Zack Whittaker (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2014-12-26 07:30

JPMorgan Chaseへのハッキングで大量の顧客情報が漏えい
 JPMorgan Chaseのシステムをハッカーが攻撃したというニュースが流れた際、「もっとひどい事態になっていた可能性もあった」とも報じられた。同銀行を利用する数千万人の顧客が情報漏えいの影響を受けたが、口座自体には影響はなかった。この攻撃は、米国の約8000万世帯と、700万社の中小企業に影響を与えたと言われており、史上最大のセキュリティ侵害事件の1つとなった。FBIは、ほかの金融機関に対する同様の攻撃について捜査を続けている。

JPMorgan Chaseへのハッキングで大量の顧客情報が漏えい
 JPMorgan Chaseのシステムをハッカーが攻撃したというニュースが流れた際、「もっとひどい事態になっていた可能性もあった」とも報じられた。同銀行を利用する数千万人の顧客が情報漏えいの影響を受けたが、口座自体には影響はなかった。この攻撃は、米国の約8000万世帯と、700万社の中小企業に影響を与えたと言われており、史上最大のセキュリティ侵害事件の1つとなった。FBIは、ほかの金融機関に対する同様の攻撃について捜査を続けている。

提供:CBSNews.com

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]