2014年のセキュリティ事件総まとめ--重大なハッキング、情報漏えいを振り返る - 11/15

Zack Whittaker (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2014-12-26 07:30

Targetの情報漏えいの影響が2014年になって広がる
 米国の小売大手であるTargetから推定1億1000万件の記録が盗まれた事件は、2013年の終わり頃に公表されたが、2014年になってその影響が広がった。同社は実店舗とオンライン店舗の両方を運営しているが、米国での売り上げは「目に見える形で減少している」という。社内のセキュリティについて責任を負っていた同社の最高情報責任者(CIO)は、年明けから3カ月で辞任した。この情報漏えいによって発生した総費用は、2014年の半ばには1億1000万ドルに達した。

Targetの情報漏えいの影響が2014年になって広がる
 米国の小売大手であるTargetから推定1億1000万件の記録が盗まれた事件は、2013年の終わり頃に公表されたが、2014年になってその影響が広がった。同社は実店舗とオンライン店舗の両方を運営しているが、米国での売り上げは「目に見える形で減少している」という。社内のセキュリティについて責任を負っていた同社の最高情報責任者(CIO)は、年明けから3カ月で辞任した。この情報漏えいによって発生した総費用は、2014年の半ばには1億1000万ドルに達した。

提供:Taret

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]