スマートマシン時代の到来

コネクテッドカーと自動運転技術が作る未来(前編) - (page 4)

林 雅之

2015-01-13 07:30

自動運転車で先行するIT企業

 自動運転車で先行しているのがGoogleなどのIT企業だ。Googleは、2009年から自動運転車の開発に着手し、2010年からサンフランシスコ市やマウンテンビュー市内など交通量の激しい市街地など、これまで地球40周分に相当する100万マイルを超える距離での無人テスト走行を実施している。

 自動運転車の車体の屋根の円形ボックスの中には、64個の赤外線レーザーから構成される「ライダー(LIDA)」が取り付けられ、360度の範囲を人間、横断歩道、信号機、トラックなどを別々の対象物として「認識」する。

 前方と後方にはレーダーが設置され、周辺の障害物の検知や前後車両との走行距離などを計測し、装備されたカメラで障害物、道路標識や前方の信号を認識し、周囲の状況を詳細に分析して、赤信号であれば止まるという「判断」をし、ブレーキをかけるという「操作」をする。

 Googleは、米国防総省高等研究計画局(DARPA)主催の自動運転車レース「DARPAグランドチャレンジ」で優勝した米カーネギーメロン大学や米スタンフォード大学の優秀な開発者を自動運転車の開発チームに採用するなど、人材獲得にも力をいれている。

 Googleは5月には、ハンドルもアクセスもブレーキもない独自設計のモックアップを公開し、12月には完全自動運転を目的とした初のフル装備のプロトタイプを公開した。2015年中には、北カリフォルニアの公道のテスト走行を予定しており、2020年の実用化を目指している。The Wall Street Journalの記事によると、実用化による量産に向けて自動車メーカーとの提携に向けて交渉を進めているという。


Googleの完全自動運転を目的とした初のフル装備のプロトタイプ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

関連キーワード
IoT

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]