年内に日本にラボ開設--フォーティネット2015年事業戦略の要点

三浦優子 2015年02月16日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月3日に開催されたフォーティネットジャパンの2015年事業戦略説明会で、米Fortinetでインターナショナルセールス&サポートを担当するシニアバイスプレジデントのPatrice Perche氏は「われわれはワールドワイドで2020年にセキュリティ分野のマーケットリーダーとなるという目標を掲げている。先日発表した2014年度決算(2014年12月期)も対前年同期比31%増となる8億9600万ドルの売り上げとなり、市場の平均成長率5%を大きく上回る成長を遂げている」と好調さをアピールした。

 2015年度(2015年12月期)についても、(1)アジア太平洋地域で15%以上のシェア獲得、(2)ビジネスカバレッジを拡大し、各国の状況に応じた業界別ソリューションの提供、グローバルソリューションの提供、統合製品の提供などを実現、(3)パートナーとの協業強化という3点を強化ポイントとしてあげている。

Patrice Perche氏
米Fortinet インターナショナルセールス&サポート シニアバイスプレジデント Patrice Perche氏
久保田則夫氏
フォーティネットジャパン 社長執行役員 久保田則夫氏

 日本法人ではサービスプロバイダー/データセンター、大企業/公官庁、中小企業と3つのターゲットマーケット別に製品やソリューションを提供する。

 キャリアとの協業では、2月3日付でNTTコミュニケーションズがフォーティネットの仮想アプライアンス、サブスクリプションサービスを採用したクラウドサービスを提供すると発表。地方自治体向けには、マイナンバー制度開始にあわせて対応セキュリティソリューションを提供する。

 「われわれの製品のベースとなっているのは200人以上のセキュリティ研究者が在籍する(研究機関の)FortiGuard Labs。2015年には日本固有のセキュリティ問題に対応するため、日本のラボ開設も計画している」ことを日本法人の社長執行役員 久保田則夫氏が明らかにした。

マイナンバー向けにも提供

 フォーティネットでは2014年度(2014年12月期)のワールドワイド実績について、「ファイアウォール単体ではなく、エンドトゥエンドのトータルセキュリティを提供した結果、主力製品である(統合脅威管理=UTMアプライアンス)FortiGate以外の売り上げが53%にまで拡大。これは製品ラインアップの拡大、パートナーとの協業が成功している成果だと言える。また、営業組織をキャリア、金融、公官庁といった業種別に再編した。

 「こうした成果が功を奏して、アジア太平洋地域ではトップシェアを獲得することができた。好調な成果によって人員増など投資に費用を割くこともできた」(Perche氏)

 フォーティネットの特徴として、(1)速度への評価が高いが、これはベースとなるのはASIC技術でのリーダーシップで、さらに顧客からの要望に応じて開発できる体制(2)200人規模のラボを持ち常に最新の脅威を研究する体制(3)全世界を3つに分けて対応し、3つの地域ごとに3分の1の売り上げをもち、グローバルに起こる脅威とともににローカルな脅威に対抗する体制をもつ。

 日本法人ではサービスプロバイダーとデータセンター向けには大規模コンテンツ配信網(CDN)、マネージドセキュリティサービスといった観点から超高速ファイアウォール、クラウド/SDNなどを提供する。

  • クラウドとSDNでのビジョン

  • マイナンバーの中間サーバで求められる技術要件

 大企業や公官庁、大規模基幹向けにはマイナンバー制度、Industrie 4.0、Windows Server 2003サポート終了などの観点から、次世代ファイアウォール、標的型攻撃対策、内部セキュリティ対策、セキュアWi-Fiなどを提供する。中小企業向けにはマイナンバー制度、私物端末の業務利用(BYOD)といった観点から、セキュアWi-Fi、FortiCloudなどを提供する。

 「特定マーケットだけに特化するのではなく、どのセグメントからも販売できるソリューションを揃え、対応していく。また、提供する製品のベースとなるのが、FortiGuard Labsの存在。ゼロデイ対策を取るとともに、いち早くシグニチャを作れるのはこのラボの存在あってこそ。さらに今年は日本でラボを開設し、ローカルな声に応えていく体制を作る」(久保田氏)

 具体的なサービスプロバイダーとの提携例としては、製品を組み込んで、クラウド環境のマネージドサービスとしてNTTコミュニケーションズが提供する。

 企業規模を問わず、日本企業にとって大きな焦点となりそうなマイナンバー制度は「官公庁向け案件の先頭を走ることができるよう、準備を進めて対応する」と総務省が発表している、中間サーバプラットフォームに対応したソリューションを提供する準備を進めている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]