ゲオグループ、直営店と本部のコミュニケーションにクラウドサービスを活用

NO BUDGET

2015-02-20 08:05

 ゲオホールディングスは、本部と店舗との連絡にグループウェアやメールを使っていたが、新たに多店舗運営を支援する専用クラウドサービスを導入、2014年12月より全国の1300店舗を超える直営店で利用を開始した。サービスを提供するドリーム・アーツが2月19日、発表した。

 ゲオHDは、「ゲオショップ」「ジャンブルストア」「セカンドストリート」などのリユースショップを全国で展開、直営店だけで1300以上の店舗へと急成長してきた。この店舗網拡大の中で、本部と店舗間の連携体制に関して課題意識を抱えていたという。

 店舗は本部から毎月平均150通ほどの大量の情報をグループウェアやメールで受け取っており、さらに本部やエリアマネジャーからも別途毎月400通ほどの業務指示が店舗へ送られていた。

 そのため、指示を出された店舗以外は、どのような業務指示が、いつ出ているのかといった情報の把握が困難で、店舗への業務で抜け漏れが生じてもカバーできる体制が徹底されていなかったとのこと。

 より効率的な情報流通体制を目指し、店舗の業務を可視化するため、新たに導入したのが、流通、小売業の本部と店舗間のコミュニケーションに特化したドリーム・アーツのクラウドサービス「Shopらん」。情報ポータル機能、お知らせ機能、商売カレンダ機能などにより、本部と店舗の間のやりとりと情報の洪水を整理し、時間の使い方を変え、販売力の向上に貢献することが可能。

 この導入により、店舗でその日に行うべき業務が一覧で見やすく表示されるため、スケジュール管理がスムーズに行うことができるようになると期待される。また、店舗へ届く情報が全てShopらん上に集約される体制へと変わったことで、本部側でも店舗の業務量が把握できるようになり、店舗へ業務指示を出すタイミングを調整できるようになった。

 さらに、これまでエリアマネジャーが仲介していた各店舗のアンケート回答の収集を、Shopらんのアンケート機能を活用して本部が直接実施することで業務スピードが向上するとのこと。


Shopらん導入前後の業務体制イメージ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]