編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ハイブリッド多言語コンタクトセンターサービスを開発--トランスコスモスなど

NO BUDGET

2015-05-26 08:12

 トランスコスモスとアドバンスト・メディアは5月25日、スマートフォンアプリ、バーチャルオペレーター、コンタクトセンター対応の3段階で多言語の問い合わせに対応する「ハイブリッド多言語コンタクトセンターサービス」を開発し、提供を開始したと発表した。

 音声認識技術を持つアドバンスト・メディアと、スマートフォンアプリとバーチャルオペレーターの開発、保守、運用、BPOサービスを手掛けるトランスコスモスがコンタクトセンターをそれぞれ運営し、両社でバーチャルオペレーターのチューニングを実施する。

 言語は当初、日本語、英語の2言語。中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、タガログ語などを要望に沿って順次追加していくとのこと。両社では、外国人利用の増加が見込まれる2020年に向けて、特に通信業界、観光業界などにサービスを提供、2018年度までに20社への導入を目指す。

 増え続ける多言語による問い合わせに対し、以下の3つの方法を組み合わせた顧客対応を提供する。よくある問い合わせはスマートフォンアプリ、対応が必要な問い合わせはバーチャルオペレーターで対応し、これらで解決できない場合はコンタクトセンターのオペレーターに接続することで、顧客からの問い合わせに確実に対応するという。

(1)スマートフォンアプリケーション

 スマートフォンアプリでよくある問い合わせの対応を行い、対応できない問い合わせはバーチャルオペレーターによる2次対応を実施する。

(2)バーチャルオペレーター

 音声認識エンジンAmiVoice、対話エンジン、音声合成で組み合わせたバーチャルオペレーターが問い合わせに対応。顧客の音声を認識し、あらかじめ学習した知識データに基づき適切な対応を実施する。音声認識できない場合や、オペレーターによる対応を希望する顧客には、コンタクトセンターにエスカレーションする。

(3)コンタクトセンター(オペレーター)

 コンタクトセンターにて多言語対応可能なオペレーターが問い合わせ対応を実施する。

 サービスでは、ユーザー企業のニーズに応じ、これらを組み合わせたソリューションを設計、開発し、提供する。大部分の問い合わせをバーチャルオペレーターで対応することで、呼量の増減にも柔軟に対応、またバーチャルオペレーターの知識データを技術面、運用面からチューニングを実施することにより、継続的なサービス品質の維持、向上を実現する。


ハイブリッド多言語コンタクトセンターサービス 提供イメージ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]