編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

DockerがTutumを買収--DevOpsチーム向けにサービスクラウドを拡大

Toby Wolpe (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2015-10-22 13:11

 この1年半、いくつかの企業買収を重ねてきたDockerが米国時間10月21日、Tutumの買収を発表した。TutumはDocker化されたアプリを統合するためのクラウドサービスだ。

 買収金額など詳細は公開されていないが、この買収はDevOpsチームが運用環境でDocker分散アプリの実装と管理を高速化することを狙ったものだ。

 Tutumは、アプリケーションライフサイクルのための完全な商用プラットフォームを提供するというDockerの計画を支援するものとなる。Dockerの既存の「Docker Hub」クラウドサービスがコンテナアプリの構築と出荷をサポートするのに対し、Tutumはプロビジョニング、実装、管理をカバーする。

 Dockerは軽量な仮想化技術であるコンテナでアプリの作成と実装を自動化する技術として、広く使われている。これにより開発者をソフトウェアとインフラから分離し、コストを削減し、プロセスにおける効率性をアップできるというもので、Dockerはオープンソースとして提供されるプラットフォームのコーポレートスポンサーである。

 Tutumの技術はインフラプロビジョニングのプロセスを自動化でき、任意のクラウド事業者、オンプレミスをサポートする。Docker APIと互換性のあるレジストリを利用することで、Tutumのサービスはアプリケーションを新しいインフラで実装し、動かすのを支援する。一旦インフラを設定し、アプリケーションが運用に入った後は、アプリケーションの拡張、ロールバック、アップデート、停止、開始、再開などが可能だ。

 「Dockerに加わると決定した理由の1つとして、開発者があらゆるインフラ上であらゆるアプリケーションを構築して動かすことを実現するという点で一致したためだ。これはわれわれが2年前に設定したゴールであり、Dockerがやっていることでもある」とTutumの共同創業者で最高経営責任者(CEO)を務めるBorja Burgos-Galindo氏は述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]