編集部からのお知らせ
テレワーク関連記事一覧はこちら
新着PDF:RPA導入企業、その後

マイクロソフト、「Azure」上で「Debian GNU/Linux」をサポート

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-12-03 10:23

 Microsoftは米国時間12月2日、「Microsoft Azure」での動作保証済みLinuxディストリビューションに「Debian GNU/Linux」を追加したとブログで発表した。同ディストリビューションは「Microsoft Azure Marketplace」から利用可能となっている。なお今回のサポート追加は、オープンソース関連のサービスやサポートのコンサルティングを手がけるcredativとの共同作業により実現したものだ。


 Microsoftのユーザーは、credativがビルドした「Debian 7」(開発コード名:「wheezy」)と「Debian 8」(開発コード名:「jessie」)を用いることで、Azure上にDebianベースの仮想マシンをプロビジョニングできるようになる。

 Microsoftは既に、「Microsoft Hyper-V Server 2012 R2」上でDebianの複数のリリースをサポートしている。

 「動作保証済みディストリビューション」として提供されるDebianのイメージは、AzureのLinuxおよびオープンソース開発者サポートチームによってサポートされる。また、同ブログには「Microsoftとcredativは協力し、Debianの最新バージョンをMarketplace上で提供するとともに、イメージのビルドプロセスを透明かつコミュニティー指向のものに保ち続ける」と記されている。

 Microsoftは今回の発表時点で、Azureで動作する8つのLinuxディストリビューションをサポートしている。「Canonical Ubuntu」「CentOS」「CoreOS」「Debian GNU/Linux」「Oracle Linux」「SUSE Linux Enterprise」「openSUSE」、そしてRed Hatとの連携により「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)」をサポートしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]