編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

「Google Compute Engine」、仮想マシンカスタムオプションの一般提供を開始

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-02-18 10:22

 Googleは米国時間2月17日、「Google Cloud Platform」の「Google Compute Engine」で「Custom Machine Types」オプションの一般提供を開始するとともに、サポートOSとして「Red Hat Linux」と「Microsoft Windows」を追加したとブログで発表した。

 Custom Machine Typesは、生成する仮想マシン(VM)インスタンスのタイプを設定する際に、そのコア数とメモリ容量を顧客が自由にカスタマイズできるようにするオプションだ。

 このオプションは今までベータ版として提供されており、興味深いものではあったが、ほとんどの企業では採用が難しかった。Custom Machine Typesによって、仮想CPU(vCPU)の数を1~32までの間で設定でき、vCPUあたり6.5ギビバイト(GiB)までのメモリを割り当てられるものの、対象インスタンスが「CentOS」と「CoreOS」「Debian」「OpenSUSE」「Ubuntu」に限られていたためだ。

 Googleが今回、Red Hat LinuxとWindowsを対象インスタンスに加えた結果、企業のデータセンターで採用されているOSのほとんどがサポートされることになる。

 Custom Machine Typesの価格は、vCPUの数とメモリの容量に基づく定額となっている。

 カスタムインスタンスが企業でどれだけ普及するのかはまだ分からないものの、GoogleがAmazon Web Services(AWS)との差別化を図ろうとしているのは明らかだ。

Google Cloud Platform Custom Machine Typesの価格体系
Custom Machine Typesの価格体系

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]