編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ネットワールド、ハイパーコンバージドを一括サポート--VxRailとHorizonから

NO BUDGET

2016-06-28 15:21

 ネットワールドは、ハイパーコンバージドインフラストラクチャの一括サポートサービスの提供を6月23日から開始した。第1弾として仮想デスクトップ基盤(VDI)システムを対象に「VCE VxRail」と「VMware Horizon」の一括サポートサービスを7月1日から提供する。税別の参考価格は24時間365日対応10インシデント制で100万円。

 今回提供されるサービスは、同インフラを構成するハードウェアやソフトウェアはもちろん、その上で稼働するアプリケーションも含めてネットワールドが一括サポート窓口となり、障害受付や技術的支援を24時間365日対応で提供する。

 VCE VxRailは、EMC傘下のVCEから発売されたハイパーコンバージドインフラストラクチャ。サーバ、ストレージ、ハイパーバイザ、ネットワークが1台のハードウェアアプライアンスに統合されている。仮想化基盤を構成するVMwareハイパーコンバージドソフトウェアをはじめ、管理監視機能などを備える。

TechRepublic Japan関連記事

 同製品は、シンプルにアプライアンス1台からスタートして、1ノード単位で追加が可能で拡張性に優れていることから、VDIを展開するには理想的とされている。ネットワールドは、今回の一括サポートサービスでVCE VxRailとVDIの拡販を目指す。

 ネットワールドは、今回の一括サポートサービスに続き、「VMware NSX」やOpenStackをVMwareベースのインフラストラクチャ上に展開する「VMware Integrated OpenStack(VIO)」などニーズの高いVMware製品をはじめ、「Citrix XenDesktop」や「Microsoft Virtual Desktop Infrastructure」などにも順次対応していく予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]