編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
Fintechの正体

激動のFinTech--金融機関から政府や政党への波及 - (page 3)

瀧 俊雄 小船井健一郎 山田竜司 (編集部)

2016-08-04 07:30

ブロックチェーン団体の設立

 ブロックチェーンについては、2016年4月に関連団体が立ち上がりました。「日本価値記録事業者協会」から発展的に設立された「日本ブロックチェーン協会」(JBA)と、「ブロックチェーン推進協会」(BCCC)がありますが、金融に限らず、社会において役立つインフラとなっていくための、ブロックチェーンの制度整備は重要なテーマの1つです。

 伊藤譲一氏が仰っているように、「プロトコルとしてのブロックチェーン」というテーマからみると、まだそのセキュリティや頑強性には問題がある状態です。それを良くするための仕組みは、海外ならR3コンソーシアムのように金融機関の連合の形をとるケースもあれば、J.P. MorganやNASDAQのように個別企業が社内研究するケース、HyperLedgerのようにオープンソースベースで進めていくケースなど、いろいろなパターンがあります。そして、まだ基礎研究的な進展が待たれているというフェーズでもあります。

 まだそのような技術の段階であり、例えば「銀行の基幹系システムをブロックチェーンで代替できるか」という問いに結論を出すのは尚早です。最終的なゴールはあらゆるシステムの効率化、高度化になりますが、それはまだだいぶ先の世界です。

ブロックチェーンの実証実験

 実際に機能する仕組みを実験した点では、日本は先を行っている面もあります。例えば住信SBIネット銀行の実験は、ある特定条件下ではブロックチェーンが銀行で使えるというのは大きな結果を示しました。海外のケースでも、なかなかそのレベルの実験はできていません。

 しかし銀行内でのトラストフリー型の構造と、銀行間や部外者が混ざるような環境でのトラストフリー型の構造では議論がちがいます。悪意のあるプレイヤーが入りうる中で、全体に影響を与えない制度が作れるかは未知の領域です。

 これから何段階もテストを実施し、それでも大丈夫だったものが各国の金融システムにおけるセキュリティスタンダード上、許容されうるという段階となったら、やっと銀行に取り入れられる。そういう、制度的なハードルを乗り越えるという認識が必要があると考えます。

この記事はマネーフォワードの 瀧 俊雄氏が語った内容をZDNet Japan編集部が再構成している
瀧 俊雄
取締役 兼 Fintech研究所長
1981年東京都生まれ。 慶應義塾大学経済学部を卒業後、野村證券入社。野村資本市場研究所にて、家計行動、年金制度、金融機関ビジネスモデル等の研究業務に従事。スタンフォード大学経営大学院、野村ホールディングスの企画部門を経て、2012年よりマネーフォワードの設立に参画。自動家計簿サービス「マネーフォワード」と、会計や給与計算、請求書発行、経費精算などのビジネス向けクラウドサービス「MFクラウド」シリーズを展開している。経済産業省「産業・金融・IT融合に関する研究会」に参加。金融庁「フィンテック・ベンチャーに関する有識者会議」メンバー。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]