われわれはプラットフォームを提供する企業になる--Box共同創業者兼CEO

三浦優子 2016年09月08日 14時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートフォン用アプリは、クラウドを活用したサービスの斬新さ、利便性、シンプルな操作性などが評価され、スマートフォンのみならず、パソコン、エンタープライズシステムにも大きな影響を与えた。しかし、時間が経過するにともない競争過多だったこともあって、有料サービス化に苦慮する企業が多いことも事実である。事業戦略の見直しや、経営陣交代となる企業も多い。

 そんな中にあって創業者が最高経営責任者(CEO)としてビジネスを続けているのが米Boxだ。日本で大企業への導入が進み、共同創業者でCEOであるAaron Levie氏は、「さらに知名度をあげ、パートナー企業をさらに増やし、今後はプラットフォームベンダーとなる」と宣言する。先日は、IBMと協力してワークフローを自動化する製品を発表した。同社がプラットフォーム企業を目指すのはなぜなのか、Levie氏に聞いた。

2007年時点でエンタープライズビジネスのベンダーになることを選択

--スマートフォン、タブレットが普及し始めた時期に、Boxをはじめ、アプリケーションサービスを提供する事業者が何社も登場しました。エンタープライズアプリケーションベンダーが、「使い勝手を考え直さなければならない」と口を揃えるなど、IT業界に大きなインパクトを与えたと思います。
 しかし、それから時間が経ち、スマートフォン向けサービスを提供していた企業が事業戦略の見直し、経営陣の交代を行う企業が増えています。その中にあって、Boxは順調に成長を続けていますが、その要因はどこにあるのでしょう?

Aaron Levie(アーロン・レヴィ)氏
Box Inc. 共同創業者兼CEO Aaron Levie(アーロン・レヴィ)氏

 それは僕の頭がいいから(笑)。ごめんなさい、これは冗談です。

 当社が成長しているのは、2007年時点で事業戦略をエンタープライズ向けで行くと選択したからだと思います。2007年まではコンシューマ、エンタープライズどちらに進むことも可能だと思っていました。元々、当社のDNAはコンシューマ向け製品にあります。ですから、コンシューマ向け製品を作るベンダーになるという選択をする可能性もありました。しかし「長期的に成長し続けていくことができるのか?」という視点で考えると、コンシューマー市場では難しいという結論になりました。対してエンタープライズ市場では長期的に売上をあげていくことができるビジネスモデルを描くことができたのです。

--エンタープライズのユーザーは、コンシューマーよりも要求が厳しい面もあると思いますが。

 もちろん、エンタープライズユーザーは我々に高いセキュリティを持っていること、堅牢なシステムであることなど厳しい要求を求めています。主なニーズとしては、第一セキュアであること。第二にグローバルビジネスをしている企業向けのものは特に、使い勝手が良いこと。3番目には大きな企業であればあるほど多くのアプリを使っています。

 どのアプリとも連携できるサービスであることが求められます。この3つの条件に合致するサービスを提供しているのは我々Boxだけです。だからこそ、Boxはエンタープライズ市場でも支持を受けたのだと思います。

 ただ、「我々はもうエンタープライズ向けサービスしか作りません」と言うつもりはないんです。そういう黒白をはっきりさせることはIT市場において意味がないことだと思うからです。ご存知のように、現在でもメインフレームを利用している企業もあります。古いテクノロジが一夜にして消えてしまうことはないでしょう。新しいテクノロジ、古いテクノロジが混在しているのが企業の実態だと思います。

 古い技術を使い続ける中で、何らかの問題点を感じる時に新しい技術を活用し、新しいユースケースを作り始める。その際の新しいテクノロジーはコンシューマー向けのものからスタートすることが多い。コンシューマー向けからスタートしたけれど、エンタープライズで利用する品質を持っていれば、古いテクノロジだけでは実現できなかった新しい価値を生み出すことになるのです。

 日本で実施した富士通との提携は、まさにそういうケースだと思います。富士通は自社で持っているソリューションに、新しいテクノロジ、アイデアを加えることで新しい価値を生み出すことができると考えた。そしてそのパートナーとしてBoxが適していると判断して頂くことができたのだと思います。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算