マイクロソフト、「Dynamics 365」をリリース--ロードマップも公開

Mary Jo Foley (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2016-11-02 17:30

 Microsoftは米国時間11月1日、「Dynamics 365」の提供を正式に開始した。

 Dynamics 365は、同社が提供するDynamicsブランドのCRM製品とERM製品を組み合わせて、新たに作り直した製品だ。Dynamics 365のクラウドサービスには、「Dynamics CRM Online」と「Dynamics AX」の機能に加え、「Project Madeira」というコードネームが与えられた新たな財務管理ソリューションが含まれている。

 Dynamics 365のEnterpriseエディションには、従来のCRM製品やERP製品の一部だった多くのモジュールや、新しいマーケティングサービス(Adobe Marketing CloudはDynamics 365 Enterpriseの推奨マーケティングソリューションとなる)が含まれる。Adobe Marketing Cloudはまだ利用できないようだ。現時点では、Businessエディションには財務モジュールしか含まれていない。Businessエディション向けの営業モジュールとマーケティングモジュールは、2017年にリリースされる予定となっている。

 Dynamics 365の米国向けマーケティングサイトには、Enterpriseエディションのプラン1を500ユーザー以上で利用した場合の価格(1ユーザーあたり月額70ドル)について、「Salesforceは515ドル高額!」と書かれている。Microsoftは、Salesforceのサービスを500ユーザーで利用した場合、費用は1ユーザーあたり月額585ドルになると述べている。

 同社はまた、Dynamics 365の新機能と「開発中」の機能の両方を含めたロードマップを公開した。これは、「Office 365」などの他の製品やサービスに関するものと同様のものだ。

 例えば、「Cortana」の統合による営業情報、得意先情報、契約情報、打ち合わせ準備機能の提供は、「Dynamics 365 for Sales」「Dynamics 365 for Customer Service」「Dynamics 365 for Field Service」「Dynamics 365 for Project Service Automation」で「プレビュー中」となっている。「Azure Machine Learning」も、「プレビュー中」として掲載されている。

 Dynamics 365と連携可能なパワーユーザー向け開発ツール「PowerApps」と「Flow」も、同じく11月1日付けで一般公開されている。

Microsoft Dynamics 365
提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]