編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

国産杉のオフィス家具やITを交えた働き方変革--内田洋行 - (page 3)

大河原克行

2016-11-14 11:55

 また、同社による導入事例として、総務省行政管理局情報企画室の例をあげ、「ここでは課長も自席を持たないという環境を実現。あの霞ヶ関がここまで変わるのかというような状況が生まれている」(大久保社長)とした。

 アクティブ・コモンズの新たな取り組みとして、「自在な働き方をサポートする空間づくりへの挑戦」を掲げ、集中したソロワーク、専門性の高いプロジェクト型、思い立ってすぐにできるミーティング、他者と情報を共有するカフェワーク、最新情報に触れるライブラリワーク、休憩の合間のラウンジワークといった提案を行っている。

矢野直哉部長
内田洋行 第三企画部の矢野直哉部長

 新たなアクティブ・コモンズを実現するリニューアルは、内田洋行新川第2ビルの6階、7階を対象に実施したもので、内田洋行 第三企画部の矢野直哉部長は、「急速な人員増加、若手社員の早期戦略化、ICTの高度化といった中で、自在に働き方をサポートする空間づくりへ挑戦する必要が出てきた」と振り返る。

 「フレキシビリティとアジリティを実現することができるオフィスへのリニューアルを行った。テーブルのワークの広がりや、外とのつながりを重視した働き方を追求し、スタンディング・コミュニケーションや、ソロワークとグループワークの可変性を取り入れ、リラックス空間の提供や、健康や活力の訴求、能動的な仕事の仕方を提案。これがアクティブ・コモンズの第2クールになる」と位置づけた。

オープンスペースに資料を投影してすぐに会議が可能
オープンスペースに資料を投影してすぐに会議が可能
ロッカーにも木目
個人の書類などを収納するロッカーにも木目を使用。その場で打ち合わせがはじまる場合もあるという
気軽に打ち合わせが開始できるスペースも
気軽に打ち合わせが開始できるスペースも
書籍を自由に読むことができるスペースもある
書籍を自由に読むことができるスペースもある
収納性にも優れた設計にしている
収納性にも優れた設計にしている

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]