「作らない社内システム」

ワークスタイル変革に必要なファイルサーバ「クラウド化」の条件 - (page 3)

宮澤 慶 2016年11月21日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Boxへの移行

 Boxへ移行するにあたっての課題は、移行方法と既存の分散したファイルの統合でした。

移行方法

 Boxの導入にあたって、優先したのが、Boxへのデータ移行です。データの移行は、BoxとローカルPCのファイルを同期する機能(Box Sync)を利用しました。

 同期機能を利用することで、同期アプリがインストールされたPCのファイルをBoxに簡単に同期できるようになります。この機能を夜間に実行してBoxへファイルを転送することで、移行しました。

 われわれの場合、合計データが約2Tバイトで量が少なかったため、1カ月かからずに移行作業を完了できました。

分散したファイルの統合

 ファイルサーバと課題管理サーバにそれぞれ分散していたファイルの統合をどのように行うのかが問題でした。まず、考えた方法は、移行前にファイルを統合してしまうという方法でした。

 しかし、ファイルを統合するにあたり、どのファイルが正しいものなのかを判断できるのが、実質的にファイルの作成者でないとわからないという問題が発生し、最終的にはいったんファイルをすべてBoxに転送し、Box上で統合するという方法になりました。

Boxの有効活用

 ではここからは、実際に導入したクラウド型ストレージサービスのboxをどのように利用しているかを説明したいと思います。

フォルダ構造

 Boxは通常のファイルサーバと同様にディレクトリを構成できます。弊社では、以下のような形で、既存のファイルサーバからデータ移行しました。

フォルダ構造

 一見、何も問題なさそうなフォルダ構造ですが、この構成をそのまま利用したことにより、同一ファイルがBox内に複数存在してしまうという問題が発生しました。

 これは、図の通り、技術と営業で同じお客様や案件名でフォルダが作成され、各メンバーがどちらに保存していいのかがわからなくなり、それぞれにファイルを保存してしまうという問題が発生してしまったのです。これでは元々の要件であった「ファイルの集中管理」を満たしているとは言えません。

 これを改善するために、フォルダの構造も従来のように部署単位で区切るのではなく、業務内容や役割で分けることにより、情報がより整理、集中管理できることにより、効率化を実現しました。

 合わせて、ファイルの重複がなくなることにより、ファイルの検索性を向上させることができます。

フォルダ構造

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算