編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内
展望2017

IT企業の年頭所感(2)--生産性向上を目指しクラウド、AI、IoTを活用する - (page 3)

ZDNet Japan Staff

2017-01-05 16:17

日本マイクロソフト 代表取締役 社長 平野拓也氏

 新春を迎え、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。平素よりマイクロソフトの製品、サービスをご愛顧いただき、厚く御礼申し上げます。

平野拓也氏
日本マイクロソフト 代表取締役 社長 平野拓也氏

 2106年は日本法人設立30周年という節目の年であり、企業ミッション「Empower every person and every organization on the planet to achieve more. (地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする)」およびそれに基づく日本における方向性「革新的で、安心して、喜んで使っていただけるクラウド・デバイスを提供する会社」にもとづき、「変革」に向けたさまざまな取り組みを進めました。

 私自身、社長就任2年目となり、お客様やパートナーとの会話を通して、市場全体に「変革」のトレンドが加速していると実感しています。従来お客様との会話では、どうしてもITインフラや製品の導入に関する話題が中心になりがちでしたが、クラウドを核とした最新テクノロジを活用して「デジタルトランスフォーメーション」を検討し、一緒に推進していくパートナーとして、当社にご相談いただくことが多くなっています。現在積極的に進めている「変革」に大きな手応えを感じています。

 特に、ここ数年継続して取り組んできた「働き方改革」については社内外で大きな進捗を果たしました。社内においては、2016年5月に就業規則を変更し、「在宅勤務制度」を「テレワーク勤務制度」に変更しました。

 これは、テレワークに関して、回数制限や場所の制約などを取り払い、勤務のコアタイムもなくし、社員一人一人がより一層迅速かつ、業務効率・生産性の高い働き方を推進し、同時にワクワクしながら「働きがい」を感じ、活躍できる環境を整備するとともに、将来の新しいポテンシャルを見つけ出す、そのような狙いで実施した変更です。

 おかげさまで、これまでの取り組みや成果を評価いただき、政府・省庁や市場におけるさまざまなアワードの受賞につながりました。そして、我々自身で「働き方改革推進会社」と標榜することで、日本政府の方針にも賛同し、引き続き日本における働き方改革の推進に貢献していく所存です。

 この働き方改革は、お客様の「デジタルトランスフォーメーション」においても、経営者にとって最も関心の高いテーマであり、当社内での取り組みの経験を共有しながら、支援する機会が多くなっています。

 2017年は、「次の10年」に向けた重要な1年となります。「働き方改革」に関する活動を社内外で一層加速させるとともに、最先端技術であるAI(人工知能)、IoTやMixed Reality(MR:複合現実)をフルに活用した「お客様のデジタルトランスフォーメーションの推進」をビジネスの核として全社で推進します。そして、皆さまの予想や期待を上回る良い意味での「サプライズ」を与えられるような年にしたいと考えています。

 マイクロソフト全社として、AIなど先進テクノロジへの研究・開発投資、事業体制の再編、パートナーシップ拡大などを加速しています。今年は、ソフトウェア、クラウド、ハードウェアを組み合わせて新たな市場、製品カテゴリの創出に努め、「サプライズ」を与えながらも「マイクロソフトだから信頼して使う」と言っていただけるよう励みます。

 日本のお客様からもAIへの関心が非常に高まっています。マイクロソフトでは、クラウドのパワーをフル活用し、AIをあらゆる人々と組織に対して活用できる環境の実現を目指しています。誰もがアクセスしやすく価値があるものにし、最終的には社会の最も困難な課題を解決するための新しい方法の実現に向けて「AIの民主化」を目標に取り組んでいます。

 Microsoft Cognitive Services、Machine Learning(機械学習)、Deep Learning(深層学習)などの分野で、他社との差別化のあるサービスを提供します。

 「Cortana」に代表されるインテリジェントエージェント、複数言語で話すグループ間をリアルタイムで同時通訳できる「Microsoft Translator」、会話としてのプラットフォームを実現する「Bot Framework」、すでに日本で500万人以上の方に楽しんでいただいているチャットボット「りんな」など、今年はAIの分野でより多くの取り組み例について、案内できると考えています。

 もう1つ日本市場の潜在力に大きく期待しているのが、1月に開発者および法人のお客様向けに提供を開始する自己完結型ホログラフィックコンピューター「Microsoft HoloLens」です。現実の目の前の世界と、3Dのホログラムの世界を融合させたMixed Reality(複合現実)が実現することで、これまでにない新しいデジタル体験やコラボレーション、働き方の可能性が一気に広がります。

 2016年12月にプレオーダーを開始し、非常に大きな反響がきています。さまざまな業種業態における「デジタルトランスフォーメーション」の推進において、このHoloLensを活用したMR環境での取り組みが大きく前進するのではないかと期待しています。

 さらに、働き方改革やデジタルトランスフォーメーションの推進に不可欠となるセキュリティについても、引き続き最重要課題の1つとして全社で取り組みます。日本では、お客様のセキュリティへの懸念が、クラウド移行への課題となる傾向にあります。

 当社はテクノロジだけでなく、法的・コンプライアンスの観点からもサポートを行うことで、こうした懸念を払拭し、日本社会において、パブリッククラウドを基盤とした「お客様のデジタルトランスフォーメーションの推進」を支援していきます。

 2017年は、2020年まで残り3年となり、日本社会にとっても「変革」がさらに加速される時期になります。日本マイクロソフトでは、今後とも日本にさらに根付き、信頼される企業として、全社を挙げて日本社会に貢献していく所存です。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]