編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性
展望2017

IT企業の年頭所感(2)--生産性向上を目指しクラウド、AI、IoTを活用する - (page 4)

ZDNet Japan Staff

2017-01-05 16:17

SAPジャパン 代表取締役社長 福田譲氏

福田譲氏
SAPジャパン 代表取締役社長 福田譲氏

 2016年は、デジタル変革がもたらす可能性とリスクが、業種を問わず企業の経営層に明確に認知された1年でした。企業の経営層の方々を対象に7月に開催した完全招待制のエグゼクティブイベントSAP SELECTは2年目を迎えましたが、500人以上の役員クラス、100人を超える最高経営責任者(CEO)/社長からさまざまなフィードバックを頂きました。

 参加者の約7割はIT担当ではない役員の方々でしたが、「ITはビジネスを支えるだけのものではなく、ビジネスを変えるもの」ということが、日本の経営層の皆様に浸透しつつあることを実感しました。

 「イノベーションビジネス」が、本格的に立ち上がった1年でもありました。そのための手法として、デザインシンキング(Design Thinking)をお客様とともに数多く実践し、これが非常に有効な手法であることを実証できました。

 2017年は、デザインシンキングのさらなる浸透に加え、業界別デジタル変革フレームワークの展開を通じて、具体的な製品、ソリューションに裏打ちされたデジタル変革をより一層推進してまいります。

 また、SAP S/4HANAのクラウドラインナップも出そろったことで、SAPは、基幹システムを含めたエンド・ツー・エンドのクラウドを、あらゆる業界に最適化した形で提供できるまれな企業となりました。守りのITをシンプルにするからこそ、攻めのITに取り組む余力をつくり出せます。「企業システムのフルクラウド化」によって、守りと攻めのITのそれぞれに適切な変革を起こすことを目指し、真剣に取り組んでまいります。

 さらに、組織やひとの面を含めた「戦略投資」を拡大します。その1つとして、業界ごとのデジタル変革を支援する専門部隊を拡充していきます。これまで、電力・ガス業界、自動車業界向けの専門部隊をグローバルの業界・開発組織と共同で日本向けに設置してきましたが、これを他の業界にも拡大していきます。

 また、中堅・中小市場向けのクラウドビジネスにも積極的にフォーカスし、大幅に組織を拡張します。人材の面では、日本法人のグローバル化とローカル化の推進、キャリアや働き方の多様化・多様性を引き続き促進してまいります。

 2017年は、日本がデジタル変革の領域で世界と伍していくための重要な年と考えます。日本のグローバル競争力の拡大を実現できるよう、「経営層にむけたデジタル変革のさらなる推進」「企業システムのフルクラウド化の進展」「戦略投資の拡大」の3つの重点テーマのもと、お客様とともに、イノベーションの創出に取り組んでまいります。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]