マイクロソフト、「Visual Studio 2017」正式版をリリース

Mary Jo Foley (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2017-03-08 13:08

 Microsoftは米国時間3月7日、「Visual Studio 2017(VS 2017)」の正式版をリリースした。最新版はVisual Studioのウェブサイトからダウンロードできる。VS 2017は、旧バージョンのVisual Studioを利用していても、共存させてインストールして使用できる。

 価格とパッケージ内容はVS 2015と同様だ。個人開発者や小規模チーム向けに無償で提供する「Community」エディションも提供する。「Professional」及び「Enterprise」エディションも入手可能だ。Enterpriseエディションには、新たに「Redgate Data Tools」や「DevOps Accelerator」が加わっている。

 対応OSは、「Windows 10」(バージョン1507以降)「Windows 7 Service Pack 1」「Windows 8.1」「Windows Server 2016 Standard/Datacenter」「Windows Server 2012 R2 Essentials/Standard/Datacenter」となっている。

 Visual Studioは20周年を迎えた。最新版では開発者が必要とする特定のコンポーネントを選んで高速にインストールできる。Microsoftによると、VS 2017の起動時間はVS 2015より最大3倍速く、性能も優れるという。

 VS 2017は、チームでの作業を支援する機能も特徴となる。また組み込みのツールに、「.NET Core」「Azure」アプリケーション、マイクロサービス、Dockerコンテナなどの機能を統合させ、効率的なクラウド開発を支援する。「Xamarin」ツールも統合しており、開発者はAndroid、iOS、Windows向けのモバイルアプリを容易に構築できる。ライブ単体テストの機能も含まれている。「Visual C++ for Linux Development」も用意される。

 Microsoftは同日、他のVisual Studioファミリ製品のアップデートも発表している。「Visual Studio for Mac Preview 4」「Visual Studio Team Foundation Server 2017 Update 1」を公開したほか、XamarinとReact Nativeで構築するモバイルアプリのサポートも「Visual Studio Mobile Center」のプレビューの一部として提供する。

Microsoft Visual Studio 2017
提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]