編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

マイクロソフト、「Visual Studio 2017」正式版をリリース

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-03-08 13:08

 Microsoftは米国時間3月7日、「Visual Studio 2017(VS 2017)」の正式版をリリースした。最新版はVisual Studioのウェブサイトからダウンロードできる。VS 2017は、旧バージョンのVisual Studioを利用していても、共存させてインストールして使用できる。

 価格とパッケージ内容はVS 2015と同様だ。個人開発者や小規模チーム向けに無償で提供する「Community」エディションも提供する。「Professional」及び「Enterprise」エディションも入手可能だ。Enterpriseエディションには、新たに「Redgate Data Tools」や「DevOps Accelerator」が加わっている。

 対応OSは、「Windows 10」(バージョン1507以降)「Windows 7 Service Pack 1」「Windows 8.1」「Windows Server 2016 Standard/Datacenter」「Windows Server 2012 R2 Essentials/Standard/Datacenter」となっている。

 Visual Studioは20周年を迎えた。最新版では開発者が必要とする特定のコンポーネントを選んで高速にインストールできる。Microsoftによると、VS 2017の起動時間はVS 2015より最大3倍速く、性能も優れるという。

 VS 2017は、チームでの作業を支援する機能も特徴となる。また組み込みのツールに、「.NET Core」「Azure」アプリケーション、マイクロサービス、Dockerコンテナなどの機能を統合させ、効率的なクラウド開発を支援する。「Xamarin」ツールも統合しており、開発者はAndroid、iOS、Windows向けのモバイルアプリを容易に構築できる。ライブ単体テストの機能も含まれている。「Visual C++ for Linux Development」も用意される。

 Microsoftは同日、他のVisual Studioファミリ製品のアップデートも発表している。「Visual Studio for Mac Preview 4」「Visual Studio Team Foundation Server 2017 Update 1」を公開したほか、XamarinとReact Nativeで構築するモバイルアプリのサポートも「Visual Studio Mobile Center」のプレビューの一部として提供する。

Microsoft Visual Studio 2017
提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]