今週の明言

日本IBM幹部が憂慮する「AI時代のエンジニア像」

松岡功 2017年05月12日 12時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本連載「松岡功の『今週の明言』」では毎週、ICT業界のキーパーソンたちが記者会見やイベントなどで明言した言葉をいくつか取り上げ、その意味や背景などを解説している。

 今回は、日本IBMの山口明夫 専務執行役員と、レッドハットの望月弘一 代表取締役社長の発言を紹介する。

「AI時代にどんなエンジニアを育成すべきか、真剣に考える必要がある」
(日本IBM 山口明夫 専務執行役員)


日本IBMの山口明夫 専務執行役員

 日本IBMが先頃、システム開発におけるプロジェクト管理やアプリケーション開発、アプリケーション保守の3つの領域で、AI(人工知能)技術を活用して高速化および高品質化を支援するソリューション群「IBM Watsonを活用した次世代超高速開発」を発表した。同社の専務執行役員でグローバル・ビジネス・サービス事業本部クラウドアプリケーションイノベーション担当を務める山口氏の冒頭の発言は、その発表会見で、AI時代のエンジニアのあり方に言及したものである。

 山口氏によると、新たなソリューション群は、低コストや短納期、高品質をはじめとしてシステム開発に求められるさまざまな要件に対し、IBMのコグニティブコンピューティング技術「Watson」を活用した次世代超高速開発により、3つの領域を進化させて対応していこうというものだ。(図参照)

 その内容については関連記事をご覧いただくとして、ここでは、こうしたツールが使われるようになるAI時代に、どんなエンジニアを育成していけばよいのか、について山口氏が言及したので取り上げておきたい。


「IBM Watsonを活用した次世代超高速開発」の目的

 まず、システム開発においてAIが有効活用されるようになると、エンジニア不足が叫ばれているのとは裏腹に、余剰人員が出てくるのではないかという見方がある。それに対し、山口氏は「ITに関する仕事でAIが人間に取って代わる割合はおよそ3割とも言われている。だが、今後は労働人口が減少する中で、システム開発の仕事はまだまだ増えると予想され、むしろAIをうまく活用できるエンジニアをどんどん育成していく必要があると考えている」との見解を示した。

 そのうえで同氏は、「ではAIをうまく活用できるエンジニアをどのように育成していけばよいのか。それが今、IT業界における大きな課題だと認識している」と語った。

 ならば、IBMでは実際にどのように育成していこうとしているのか。山口氏の話を聞いて、その点を確かめたくなった筆者は質疑応答でさらに食い下がってみた。すると、同氏は次のように答えた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算