座談会@ZDNet

IoTでビジネスを創るためのテクノロジが整った--IoT座談会(1) - (page 5)

飯田樹 山田竜司 (編集部) 2017年05月24日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

IoTはバズワードではない

 ZDNet:IoTというワード自体は広まったと思うのですが、2017年現在、顧客との話などを通して、IoTへの期待をどういった点で感じられるかについて、事業環境の変化と新たなビジネスモデルをお話いただければと思います。

 八子氏:この3月20~24日にドイツのハノーバーで開かれたCeBITに、大手も中堅も含めて118社と過去最大の出展をしていたことが象徴的です。JETROが旗振りをして、民間がそれに応じ、海外へ本格的にアピールするような、日本の技術を使ったIoTの在り方を持っていったということです。2016年のハノーバー・メッセで、ドイツと日本は、今後標準化においては手を握ろうという話をしましたし、秋には米国のIIC(Industrial Internet Consortium)と、オープンフォグコンソーシアム、と日本のIT推進コンソーシアムがMOU(了解覚書)を取り交わして、標準化や総合連携を決めました。

 面白いビジネスモデルを作るために、グローバルプレイヤーは、すでに国という境目を越えて議論するところから始まっています。なおかつ、日本からの製品やサービスの事例の出展が概ね好評だったということで、地道に取り組んできた結果、IoTがバズワードではなくブレイクし始めたという印象があります。IoT推進室やIoTプロジェクト自体は、2年前から数多くありましたが、ほとんどが様子見の状態でした。

 しかし、この1年くらいで本格的に取り組んできた人達の結果が、CeBITへの出展などにつながったという実感があります。地方に行っても「地方版IoT推進ラボ」が立ち上がり、53の自治体が手を挙げていて、ものすごく盛り上がっています。私もこれまで10以上の自治体に呼ばれて講演に行きました。


エスキュービズム 取締役 武下真典氏

 玉川氏:私もCeBITに出ていて、IoTへの期待というのはまさに感じているところです。少し違う軸でお話すると、テクノロジの成熟度も大きいと思っています。振り返ると、インターネットが登場して、eコマース、スマホ、クラウド、シェアリングエコノミーというキーワードが出てきました。テクノロジが整ったからこそ、「こういうのができたらすごいな」というビジネスが現れており、ビジネスとテクノロジの両輪で何かが動き出すところがあると思っています。

 IoTにおいては、クラウドの進化は非常に大きいですし、ディープラーニングによってビッグデータを解析する手段が手に入りました。Raspberry Piに代表されるような、コンピュータメーカー側の低価格化や、廉価でいろいろな種類のセンサが出てきたという背景もあります。

 われわれが取り組んでいる通信もLPWAと言われているLow Power Wide Area Networkからも、より低消費電力で高位機能のネットワークが出てきているので、IoTをやるためのピースは、テクノロジとしては一通り整ってきていると思います。だとしたら、誰がそこで、今まで見えていなかったキラーアプリケーションやキラービジネスを作るのかが次の話題です。「もう動いているかもしれない」とみんな思っているところではないでしょうか。

 武下氏:われわれは2016年秋に、500人くらいを集めてIoTカンファレンスを開催しました。その時に会場アンケートで「IoTの組織は自社内で立ち上がっていますか」という質問をしたら約20%は組織があると答えていました。組織が立ち上がっているということは、結構前のめりでやっているのだなと感じています。「IoTはどれくらいで自社のビジネスにインパクトを与えますか」という質問では、「1年はちょっと早すぎるけど、5年後くらいには自社ビジネスの中核を担っているだろう」という割合が結構多くて、企業の人達は、長期的に自分たちの仕事のメインストリームをIoTにしようとしていると感じています。「IoTというキーワードは今後どうなりますか」という質問で一番多かった回答は、「キーワード自体は消えていく」というもので、「細分化されたキーワードになって発展化していく」という答えもありました。

 アンケートを取って感じたのは、IoTというコンセプトがあって、それをみんなが解釈して、それぞれのビジネスで成果を出したい、出さないといけない時期なのだろうということです。日本の企業は”イノベーション”がすごく好きなので、IoTも当然関連するのではと、経営層は新しい光を見出しているのではないかと思っています。解釈はもう終わったと思うので、今後は企業が成果につなげていくフェーズに入るのではないでしょうか。

 <第2回へ続く>

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]