ランサムウェア

ランサムウェアはいかに世界的な脅威へと深刻化したか

Steve Ranger (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2017年05月19日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ランサムウェアの脅威は近年高まり続けていたが、「WannaCry」のまん延によって、ランサムウェアは単なる厄介な問題から深刻な脅威へと変わった。

 ランサムウェアは10年以上前から面倒な存在だったが、この数年は重大な問題になってきていた。その登場初期には、主な被害者は一般ユーザーであり、メールに添付された偽のファイルをクリックして、PCがロックされたり、ファイルや家族の写真が暗号化されてしまうという被害に遭っていた。しかしこの2年ほどは、攻撃対象となり得るPCやデータを多く所有しており、より身代金を支払う資金力のある企業にターゲットが移ってきていた。

 しかし今では、英国政府のNational Cyber Security Centreが、100カ国以上で膨大な数の民間企業や公的機関を攻撃したWannaCryを「世界的に組織化されたランサムウェア攻撃」と呼んだことからも分かるとおり、ランサムウェアはまた一歩大きな変化を遂げ、もはや企業だけでなく、国家にとっての脅威になりつつある。

 ランサムウェアは、標的となったデータ(家族のウェディング写真であれ、企業の請求書であれ)が重要であるほど効果を発揮する。ランサムウェアは単純に手当たり次第にデータを暗号化しているため、繊細さには欠けるが、恐ろしく効果的だ。

ランサムウェアの脅威拡大

 これまで、この進化が注目されていなかったわけではない。米軍のサイバー軍司令官Michael Rogers氏と米国家情報長官Dan Coats氏は、どちらも最近の上院委員会で行った証言で、ランサムウェアのリスクに言及している。しかしどちらも、5月前半に世界規模でまん延したWannaCryほど、事態が差し迫っているとは予想していなかっただろう。

 Rogers氏は、米国での個人や企業に対するランサムウェアの使用が、過去1年で増加していると警告していた。これは通常、一般的には警察や米連邦捜査局(FBI)が対応する問題だと見なされているが、ランサムウェアは軍事上の懸念事項になる可能性があるとRogers氏は述べていた。

 「悪意を持った国家のサイバー空間の関係者がサイバー犯罪を引き起こす場合、またはサイバー犯罪者がサイバー空間で国家の活動を支援する場合には、犯罪者は軍事上の懸念事項になる。これは、サイバー犯罪者が敵対国家によって使用される戦術、技術、手順を用いた場合には、軍が注目することを意味している」と同氏は述べている

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算