編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

ヴイエムウェアとSAP、企業向けIoTで新たな提携

Charlie Osborne (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-10-10 10:21

 VMwareとSAPが新たな提携を発表した。デバイスやインフラ、クラウド、アプリケーションなどの分野でモノのインターネット(IoT)プロジェクトをさらに前進させることが狙いだ。

 両社は米国時間10月9日、この提携は「エンタープライズIoTの取り組みを加速、合理化」するものだとした。目標は「迅速なデプロイ、拡張性、IoTプロジェクトのスケジュール通りの実施」を可能にすることだという。

 VMwareとSAPは、ビジネストランザクションのデータとデバイスのデータを組み合わせることによる、リアルタイムの可視性などを実現するソリューションを提供する計画だ。

 両社は現在、システムの迅速なデプロイを可能にし、なおかつゲートウェイやマイクロデータセンター、クラウドでIoTアーキテクチャに必要なセキュリティおよび管理機能を提供して、「タイムツーバリュー(価値を創出するまでの時間)を大幅に短縮」するソリューションの開発に共同で取り組んでいるという。

 5月、VMwareは「VMware Pulse IoT Center」を発表した。これはエンタープライズグレードのIoTインフラストラクチャ管理ソリューションで、企業が自社のIoTデバイスとネットワークを制御できるようにすることが狙いだ。

 SAPは9月、ブロックチェーン技術を利用して、自社のBlockchain as a Service(BaaS:サービスとしてのブロックチェーン)プラットフォームをIoTや製造業、デジタルサプライチェーンに適したものにする計画を発表していた。

IoT
提供:File Photo

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]