編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら
海外コメンタリー

ますます重要になる「最高データ責任者」の役割 - (page 2)

Steve Ranger (ZDNet UK) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2017-12-12 06:30

最高情報責任者(CIO)の地位は今のところ安泰

 GartnerのリサーチディレクターであるValerie Logan氏によると、CDOの存在感が高まってきていても、CDOがCIOの座を奪うことはなく、両者は協力して作業を実施していく関係になるという。同氏は「CDOは今回の調査で明らかにされているように、データ管理やアナリティクス、データ科学、倫理、デジタル変革のサポートを含む、幅広い責任を担っている。このような責任が、アプリケーション管理や技術的なインフラといったCIOの役割を浸食するとは考えていない」と述べている。

 その一方で、同じCDOという略称となる最高デジタル責任者の役割は、かつて大きな注目を集めていたが、今後は低下していきそうだという。

 Logan氏は「デジタルという文脈のなかでは、今や変化すること自体が人々やプロセス、テクノロジ、『そして』データの機能となっている。最高データ責任者の役割は、組織におけるデータやアナリティクスの力の発展に注力したデジタル変革を可能にすることだ。今後、デジタル主流の時代が到来するとともに、最高デジタル責任者の役割が一時的なものとなる一方、最高データ責任者の役割は3つの目的で今後も残るだろう。それらは戦略的資産としての情報の管理と、データに基づく洞察やイノベーションの実現、データによる新たな売上高増加手段の推進だ」と述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]