編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
知られざる入札市場の魅力

年間22兆円の巨大市場--入札マーケットの魅力 - (page 2)

小林伸輔(うるる)

2018-01-31 08:16

IT関連企業向けの入札案件数

 図表4、5は2017年1月1日~2017年12月31日の一年間で「入札情報速報サービスNJSS」が収集した案件の中に、IT関連案件(案件名称に特定の単語を含むもの)がどの程度公示されていたかを算出したものである。


図表4

図表5

 これを見ると年間約9万件近い案件が公示されていることになる。もちろん、これ以外の案件でもIT関連企業が参加できる案件が存在することを踏まえると、より多くの案件があることが予想できる。予算消化のために年度末(3月)に案件が集中するイメージの強い入札だが、グラフを見ると1年を通じて案件が出続けていることがよく分かる。

実際にどんな案件があるのか?

 次に、どの様な案件がいくらで落札されているかピックアップしてみよう。図表6は、入札情報速報サービスNJSSにおけるIT関連企業が参入できる案件の落札情報の例である。(落札結果もすべて公開情報である)


図表6

 これらの結果を見ると、名の知れた地方自治体だけでなく、なじみの薄い外郭団体(独立行政法人や第三セクタ―など)まで幅広い機関より、案件が民間企業に発注されていることが分かる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]