編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器
米ZDNet編集長Larryの独り言

SMB市場狙うセールスフォース「Essentials」の注目点

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2018-03-30 06:30

 Salesforceは、「SalesforceIQ CRM」や「Desk.com」などの中小企業向けの取り組みを、それぞれ「Sales Cloud Essentials」および「Service Cloud Essentials」に統合しようとしているようだ。

 「Essentials」は、Salesforceの広範なプラットフォームと同じ技術を使っており、中小企業の成長に合わせて最新の機能を提供していけるように設計されている。

 今月Essentialsがアップデートされ、Salesforceは中小企業向けのサービスに力を入れており、中小企業の規模が拡大するにつれて順次機能をアップグレードできるバージョンの「Sales Cloud」と「Service Cloud」を提供すると述べた。

 現在「IQ CRM」や「Desk.com」を利用している顧客には、同等の製品に移行するまでに2年間の猶予が与えられる。Salesforce Essentialsアプリは、1ユーザー当たり月額25ドルで利用できる。

 サービスのアップグレードや将来にわたって利用できるかどうかは、中小企業にとって重要な問題だ。中小企業にはITに割くリソースが不足しており、簡単に導入、管理できるオプションを必要としている。中小企業をターゲットとしているベンダーは多いが、成長するにつれて、規模の拡大に対応できる新しいソフトウェアに移行しなければならなくなる場合が多い。Essentialsは、これまでスプレッドシートを使っていた(場合によっては、付箋のメモで運営されていた)ような中小企業を対象として設計されている。

Salesforce
提供:Salesforce

 Essentialsは、Salesforceのほかの製品と同じく、同社のマーケットプレース「AppExchange」を通じてCRMやカスタマーサービスの機能を会計パッケージと連携させることができるようになるとみられる。中小企業の場合、SalesforceのCRMやカスタマーサービスを「Intuit」「Financial Force」「Xero」などの会計パッケージと組み合わせることが多い。

 同社のスモールビジネスマーケティング担当シニアバイスプレジデントMarie Rosecrans氏は、Essentialsは2017年11月に「Dreamforce」で発表されて以降、中小企業からの関心を集めてきたと述べている。Sales Cloud EssentialsとService Cloud Essentialsは同じ価格で提供される。

 Rosecrans氏は、「Essentialsは簡単にセットアップでき、直感的に使える。中小企業と一緒に成長させることができ、将来にわたって利用できる。企業が成長して複雑になるに従って、機能を追加していくことができる」と述べている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]