編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

2019年、製造業に変革をもたらす7つの高度なテクノロジ - 4/8

Greg Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2019-01-05 08:30

産業用ドローン

 ハードウェア市場の競争は厳しく、産業用ドローン企業は苦戦を強いられている。この2年ほど、この分野は盛んにもてはやされていたが、2018年には多くの産業用ドローン企業が現実の壁にぶつかった。この業界の苦戦をもっとも端的に示したのは、この分野のパイオニア的企業の1つであり、これまでに1億ドル(約110億円)以上の資金を調達してきたAirwareの事業停止だろう。

 それでも、2019年のこの分野を楽観視できる材料はある。ガス、インフラ、鉱業などの業界は、今やドローンに大きく依存している。建設業界でも、プロジェクトの進行状況を正確に把握するためにドローンを使い始めている。また、ドローンによる配送は、米国ではまだ実用化に至っていないが、欧州やアフリカの一部では動きを見せている。

 2018年は多くの企業が市場に殺到したことで不可避的に発生した、淘汰の年だった可能性が高い。しかし、新しいマシンビジョンやセンサ、価格の低下などから、商用ドローンが導入される領域は今後確実に広がっていくと予想され、2019年にはこの分野をけん引する企業が現れる可能性が高い。

産業用ドローン

 ハードウェア市場の競争は厳しく、産業用ドローン企業は苦戦を強いられている。この2年ほど、この分野は盛んにもてはやされていたが、2018年には多くの産業用ドローン企業が現実の壁にぶつかった。この業界の苦戦をもっとも端的に示したのは、この分野のパイオニア的企業の1つであり、これまでに1億ドル(約110億円)以上の資金を調達してきたAirwareの事業停止だろう。

 それでも、2019年のこの分野を楽観視できる材料はある。ガス、インフラ、鉱業などの業界は、今やドローンに大きく依存している。建設業界でも、プロジェクトの進行状況を正確に把握するためにドローンを使い始めている。また、ドローンによる配送は、米国ではまだ実用化に至っていないが、欧州やアフリカの一部では動きを見せている。

 2018年は多くの企業が市場に殺到したことで不可避的に発生した、淘汰の年だった可能性が高い。しかし、新しいマシンビジョンやセンサ、価格の低下などから、商用ドローンが導入される領域は今後確実に広がっていくと予想され、2019年にはこの分野をけん引する企業が現れる可能性が高い。

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]