編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

2019年上半期の海外ハッキングや情報流出を振り返る - 7/12

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2019-07-04 06:30

1000万人に影響--しかし詳細は不明

 5月にオーストラリア情報コミッショナー事務所(OAIC)が発表したレポートでは、大規模な情報漏えいが発生したことが明らかになったが、その詳細は謎に包まれている。このレポートには、1つのインシデントで1000万人の個人情報が漏えいしたと記述されていた。

 ところが、OAICは情報漏えいを報告した組織の名前を公表しておらず、インシデントが2019年1月1日~3月31日の期間に報告されたことしか明らかにしていない。

1000万人に影響--しかし詳細は不明

 5月にオーストラリア情報コミッショナー事務所(OAIC)が発表したレポートでは、大規模な情報漏えいが発生したことが明らかになったが、その詳細は謎に包まれている。このレポートには、1つのインシデントで1000万人の個人情報が漏えいしたと記述されていた。

 ところが、OAICは情報漏えいを報告した組織の名前を公表しておらず、インシデントが2019年1月1日~3月31日の期間に報告されたことしか明らかにしていない。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]