マイクロソフト、企業間データ共有の円滑化に向け契約書原案を公開

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ) 2019年07月25日 15時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 Microsoftは、企業間におけるデータ共有をより容易にして促進しようと取り組む中で、障害となりかねない点を把握してきた。中でも障害となりがちなのは、整合性のある標準化されたデータ共有の条件とライセンス契約が存在しない点だ。同社は米国時間7月23日、この空白の解消につながりそうな最初の一歩を踏み出した。

 Microsoftは23日、3種類のデータ共有契約書の原案を公開した。今後数カ月、コミュニティーからこれらの原案に対するフィードバックや意見を求めていく。3案はそれぞれ、(個人間ではなく)企業間で生じる特定のデータ共有の場合を想定して策定されており、Creative Commons(CC)ライセンスの下で公開されている。これらの契約書の一部は、Microsoftが所有するコード共有サイトGitHubで公開されている。

 このような契約書によって、企業同士が何カ月も何年も交渉してデータ共有の管理契約書を作成する必要性を低減できるとの考えをMicrosoftは示した。

 Microsoftでコーポレートバイスプレジデント兼知的財産(IP)グループ主任法務顧問を務めるErich Andersen氏によると、同社は、こうしたデータ共有契約書にオープンソースライセンスに似た構造をもたらそうとしているのだという。Open Source Initiative(OSI)は、「Apache License」「BSD License」「MIT License」など、多くの承認済みライセンスを管理している。企業は、ソースコードをライセンス供与する際にこれらのライセンスを利用できる。

 「オープンソースがコードで行ったことをデータで行おうとしている」(Andersen氏)

 Microsoftは、このような契約書について、顧客データに関する考え方の統一を目指すOpen Data Initiative(ODI)の参加企業に役立つだろうと期待している。Microsoft、Adobe、SAPが2018年秋に設立したODIは、顧客関係管理(CRM)や基幹業務システム(ERP)、商取引、販売、製品の利用などのデータを、どのようなデバイスからでも利用できる単一のデータビューに統合できるようにすることで、企業が「顧客体験管理(CXM)を再考する」手段として考え出された。

 Microsoftが公開した3種類のデータ共有契約書の原案は以下の通りだ。

  • データのオープンな利用に関する契約(O-UDA):無制限に利用できるデータを所有している、あるいは配布できる権利を有する個人や企業による利用を意図した契約。「1対多」を想定した契約であり、プライバシーや機密保持に関する懸念のないデータの利用を意図したものだ。
  • データのコンピューター的な利用に関する契約(C-UDA):データを提供する個人や組織が保有するものではない素材を含む可能性があるが、合法的に一般に利用可能な情報源から集められたと考えられるデータセットの利用を意図した契約。「コンピューター的な目的」(コンピューターによる分析のためのデータ利用を可能にするために必要な活動など)のみで一般利用が可能となる。「1対多」を想定した契約であり、プライバシーや機密保持に関する懸念のないデータの利用を意図したものだ。
  • オープンなAIモデル開発のためのデータ利用契約(DUA-OAI):他の組織がAIモデルを訓練するためにデータを利用できるようにすることを目的に、組織によるデータ共有を管理するための条件を提示する契約。訓練されたモデルはオープンソースとなる。「1対1」を想定した契約であり、プライバシーや機密保持に関する懸念のある可能性のあるデータの共有を考慮したものだ。

 Microsoftは先ごろ、データ共有に絡む問題を解消するための新たなサービス「Azure Data Share」(現在はプレビュー版)を発表している。Azure Data Shareは、FTPやウェブAPIを利用するよりも安全な方法でビッグデータセットを企業間で共有できるようにする。「Azure Blob Storage」や「Azure Data Lake Storage」とともに利用できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]