編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

「Windows 11」のロールアウトは好調--さらに多くのPCが移行対象に

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-11-22 10:28

 Microsoftは、「Windows 10」から「Windows 11」への移行で「多くの肯定的なアップデートエクスペリエンス」が見受けられるため、移行対象のPCをさらに拡大するとしている。

 同社はWindows 11のロールアウトに自信を深めつつあるようだ。同社は、10月5日にWindows 11のロールアウトを開始した後、より多くのWindows 10搭載PCも安全に移行できるという機械学習(ML)モデルの判断に基づき、10月下旬に対象PCを拡大している。

 Windows 11の導入に際しては、厳格な最小ハードウェア要件が大きな壁として立ちはだかっている。ある試算によると、現在企業が使用しているPCのうち、この要件に合致するのは半分程度にすぎないという。

 Microsoftは、Windows 11の既知の問題を報告するページに「Windows 11のロールアウトにおける最初のフェーズでは一貫して、対象デバイスに関する多くの肯定的なアップデートエクスペリエンスとユーザーフィードバックが得られている。これらは最新世代のMLモデルによって導き出されたものだ」と記している

 そして「このデータに基づき、われわれは当初発表していたよりも速いペースでロールアウトを進めていき、適用可能なWindows 10デバイスに向けてより幅広くWindows 11のアップグレードを利用可能にしていく」と続けている。

 Microsoftは先週、「Windows 10 21H2」をリリースするとともに、Windows 10の機能アップデートを年2回から年1回に移行することを明らかにした。Windows 10は2025年10月までサポートされるが、MicrosoftはユーザーがWindows 11にアップデートすることに期待している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]