編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

ヴイエムウェア、「VMware vSphere+」と「VMware VSAN+」を発表

大河原克行

2022-06-29 06:00

 VMwareは米国時間6月28日、マルチクラウドのワークロードプラットフォームとなる「VMware vSphere+」と、ハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)ソフトウェア「VMware VSAN+」を発表した。同社の2023年度第2四半期(2022年7月末まで)に提供を開始する。

 vSphere+とVSAN+は、2021年10月の年次カンファレンス「VMworld 2021」で発表した「Project Arctic」の基で最初にリリースするSaaS製品に位置づけられている。オンプレミスでのワークロードの構築、実行、運用を可能にしながら、クラウドによるコンサンプションモデルと運用モデルのメリットを享受できるのが特徴だとする。また、オンプレミスで稼働しているビジネスクリティカルなアプリケーションに対し、災害復旧(DR)やランサムウェア対策などのクラウドサービスを追加的に利用できるようになる。

「VMware vSphere+」および「VMware VSAN+」の特徴
「VMware vSphere+」および「VMware VSAN+」の特徴

 クラウドインフラストラクチャービジネスグループ プロダクトマーケティング シニアディレクターのWeiguo He氏は、「vSphere+は、新エディションではなくvSphereのサブスクリプションベースの新たなオファリングになる。vCenterやNSXなどの機能にも対応する」と説明。「vCenter Cloud Gateway」を使って複数のvCenterを接続する。「VMware Cloud Console」からVMware Cloudを管理するのと同じ環境で一元管理ができる。クラウド移行ではなくオンプレミス環境をvCenter Cloud Gatewayに接続することにより、vSphereで提供している価値をクラウドベースおよびサブスクリプションモデルで利用できるものになるという。さらに、「オンプレミス運用でも、より速いタイミングでクラウドの価値を享受できるようにする。オンプレミスでもクラウドと同様に、アップデートを早く行え、セキュリティを頻繁に強化できる」と述べた。

 vSphere+とVSAN+では、IT管理者向けには複数のvCenterによる大規模環境での一元管理を実現するほか、vCenterのライフサイクル管理の簡素化および自動化を実現するとし、「オンプレミスにおけるインフラストラクチャーのコンポーネントの更新をクラウドで自動化でき、ライフサイクル管理が大幅に簡素化される」(He氏)という。

 また、グローバルインサイトのモニタリングやアクションを行ったり、セキュリティ状況の監視を全てのvSphere上に展開したりできる。IT管理者は、新たにトレーニングをすることなくvSphere+とVSAN+を導入できる点も特徴とし、vSphere+をvCenterに接続するだけで恒久的なライセンスを自動的にサブスクリプションベースに転換しつつ、複雑な変更作業は不要な点も大きな特徴だとした。

 開発者向けには、モダンなアプリプラットフォームの構築を支援すると表明した。既存の仮想インフラからKubernetesプラットフォームにアクセスできるほか、マルチクラウドの管理プレーンを通じて、セキュリティとKubernetesクラスターのガバナンス強化、セキュリティの改善とコストダウンの両立を図れるという。マルチクラウドのIaaSの利用体験を開発者に提供する。「VMware Tanzu Standard Runtime」の機能を拡張して、開発者がマルチクラウドのIaaSを利用できるようになる。

 さらに、ワークロードを中断することなく既存のvSphereおよびvSANを接続できるほか、SaaS経由でアドオンサービスを有効にすれば、DRやランサムウェアからの保護、キャパシティープランニング、OPEX(営業費用)ベースの柔軟性などが行えるという。

VMware クラウドインフラストラクチャービジネスグループ プロダクトマーケティング シニアディレクターのWeiguo He氏
VMware クラウドインフラストラクチャービジネスグループ プロダクトマーケティング シニアディレクターのWeiguo He氏

 He氏は、アドオンサービスでは「VMware Cloud Disaster Recovery」により、ミッションクリティカルなワークロードのデータのレジリエンス(回復性)を向上させられると述べる。また、「VMスナップショットでエアギャップされたスケールアウトのクラウドファイルシステムにより、マルウェアからの被害を低減することもできる。これらのアドオンサービスの活用でDRコストを最適化し、総コストを最大60%削減できる」などとした。

アドオンサービスによりランサウェアと災害のリスクから事業継続性を向上できるとする
アドオンサービスによりランサウェアと災害のリスクから事業継続性を向上できるとする

 そして、「VMware vSphere+およびVMware VSAN+を利用することで、あらゆる規模の組織が、既存のアプリケーションやハードウェアに変更を加えることなく、クラウドの利点を享受することができる。政府系システムでも利用することができる安全性を持ち、vCenterのライフサイクルマネジメント管理を容易にできる。クラウドのメリットをオンプレミスにも提供することで、生産性を高め、開発の効率性をあげ、新たな世代のアプリケーションの活用を促進できる」などとした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  2. 経営

    迫られる改正電子帳簿保存法対応--中小・中堅企業に最適な簡単&現実的な運用方法とは

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. 運用管理

    5G時代におけるクラウドサービスの問題点、通信の最適化・高速化を実現する「MEC」の活用事例を紹介

  5. コミュニケーション

    情報が見つからない&更新が進まないFAQページは絶対NG!効果的なFAQを作成・運用するために

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]