NTTドコモら3社、仮想水位計とAIを活用した河川の水位監視ソリューションを提供

寺島菜央 (編集部)

2023-06-28 15:24

 NTTドコモとNTTコミュニケーションズ、NTTコムウェアの3社は6月28日、AIを活用した「河川・ため池水位監視ソリューション」のトライアル提供を法人企業や自治体向けに開始した。このトライアル提供を通して、AI機能やアプリケーションの使い勝手などの改善を行い、2024年3月までに本格的なサービス提供を目指すという。

 同ソリューションでは物理的な水位計を用いず、仮想水位計とAIを活用して河川やため池の水位を監視する。設定した水位を超えると自動的に河川管理を行う担当者に通知が行き、管理者は管理画面上に可視化された河川のリアルタイム映像や水位の時系列データを見ることができる。

河川・ため池水位監視ソリューションの利用イメージと管理画面で確認できる河川の映像と推移グラフ
河川・ため池水位監視ソリューションの利用イメージと管理画面で確認できる河川の映像および推移グラフ

 具体的には、河川やため池にカメラ付きの専用機器を設置し、撮影した映像に仮想の水位計を表示。映像認識AI技術を活用することで、水位をリアルタイムかつ正確に把握できるという。水位の判定は、画像を分割して映像を認識する「セグメンテーションAI技術」によって、仮想的に設定した水位計に表示された水面(みなも)と陸地の面積比から水位を算出する。また、仮想水位計を複数設置することで、AIの判定精度を高めることもできるとしている。

仮想水位計設定のイメージ。仮想水位計は画面上に4つの点で設定できる
仮想水位計設定のイメージ。仮想水位計は画面上に4つの点で設定できる

 管理者はクラウド上の管理画面でリアルタイム映像と水位グラフを確認できるほか、AIの各種設定を行える。さらに、動画配信サイト上で映像をライブ配信できるため、映像データを地域住民などに広く展開することで、注意や警戒を促すこともできるとしている。

 3社は同ソリューションに対して、仮想水位計を用いるため、水害などで水位計自体が破損する恐れがなく、水位計のメンテナンス稼働が大幅に軽減すること。また低コストで導入できるため、小さな河川やため池にも導入しやすいなどの特徴を挙げた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]