CO2排出量可視化サービス提供のe-dash、GX人材の育成でアイデミーと協業

NO BUDGET

2023-07-25 14:36

 二酸化炭素(CO2)排出量可視化のクラウドサービス「e-dash」を提供するe-dashは、アイデミーと脱炭素に関する基礎理解の浸透とグリーントランスフォーメーション(GX)人材の育成の分野で協業する。

 アイデミーは、AI/DX・GXの人材育成およびプロジェクト伴走型支援のサービスを提供する企業。今回の協業では、同社が提供するGX人材育成サービス「Aidemy GX」を活用する。

 e-dashは、CO2排出量削減への取り組みを総合的にサポートする三井物産発のサービスプラットフォーム。CO2排出量の可視化については、電気やガスなどのエネルギーの請求書をアップロードするだけで、事業を通じたCO2排出量(Scope 1・2)を自動で算出できる。

 サプライチェーン排出量(Scope 3)についても、ソフトウェア上で手軽に算出・可視化する。CO2排出量の算出については、大手監査法人による第三者検証を実施し、日本政府が策定した算定ガイドラインに基づいた正確な算定方法で提供している。

 今回の協業では、Aidemy GXのオンライン学習コンテンツを顧客や金融機関などの提携パートナーに活用を提案する。e-dashは専門的な観点や顧客、提携パートナーからの声を踏まえ、Aidemy GXの講座内容にアドバイスを行う。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]