ワタベウェディング、ワークフローシステム導入で申請業務やデータ集約を標準化

NO BUDGET

2024-02-22 07:23

 エイトレッドは2月20日、同社のワークフローシステム「AgileWorks」を導入するワタベウェディングの活用事例を発表した。

 AgileWorksは複雑な承認フローにも対応する標準機能と拡張性を有する中堅・大規模組織向けワークフローシステム。スマートフォンアプリも提供されている。大規模で複雑な組織構造を考慮した設計で、人事異動や組織改編にも素早く柔軟に対応できるとする。最新版ではウェブAPIを実装し、「全文検索」や「ビジネスチャット通知」などの新機能が追加された。また「ワークフロー統計情報の取得」が新たに可能となった。これにより社内の申請承認業務の状況が可視化できる。

 ワタベウェディングは、リゾートウェディングを中心に100万組を超える顧客にサービスを提供してきた。今回の導入では、グループ各社からのデータ集約や申請業務の標準化を実現し、海外拠点との言語の壁もAgileWorksの多言語対応機能で乗り越えているという。またDXの土台となる強固なIT基盤の確立にも役立ったとしている。

 同社ではこれまで、13カ国30社以上の子会社でシステム環境がバラバラとなっており、IT統制などガバナンス面の課題が数多く発生していた。これにより経費増大やブランド価値の低下など、事業面での課題も表面化していたという。グループ各社で利用されていたワークフローシステムはそれぞれ異なる製品で、承認経路や承認権限も統一されていなかった。そのため子会社各社の意思決定の状況を把握するのに時間がかかっていた。

 AgileWorksについて、同社は、アステリアが提供するデータ連携ツール「ASTERIA Warp」と相性が良く、現在進めているシステム統合プロジェクトに活用できることを高く評価した。また、エンタープライズ向けの機能が充実している点や、同時ユーザーライセンスで利用できるコストパフォーマンスの良さも導入の決め手になったという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]